2017年08月01日

風小舟

83F1B6A1-1CEE-4695-B44A-20DCD2FFA19F.jpg

風小舟 色をさされて 夏深む



強い雨風に落とされたのでしょうか。

夏の一筋の光を
既に焼き付けられてしまった葉が。

まだまだ青いのに、青くとも。

秋をもう知ってしまったのね。
だから耐えきれなかったのね。

などと。

あと七日もなく、立秋。

posted by 深森らえる at 20:21| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

YesのためのNo。

大切なことを

大切にするために告げられた

その場所の大切を守るための物事。


その大切を守ることで

立ち現れてくる空気もあって。


そこの出入りは自由。

だからこそ、それぞれの判断。

入るかどうかの選択肢はそれぞれに。


そうした先で。

それを望み集う人々でできる空間。


野放図でないからこその

本当にくつろげる解放もある。


大事にするから駄目なことはある。

駄目がここを守ると知っている。

だから笑顔で受け入れられてゆく。




Noは大きなYESの前にあるもの。


Noの現れに惑わされないで。

その先のYESにうなづきますか?


Noを言ってもいい。

その先のYESを守ろう。

NoにNoと言って離れてもいい。

あなたが作りたいYESを作ろう。


貴方は何を肯定していますか。


肯定するものを支えたり

もしくは表現できていますか

時折でも、たまにはでも。






いろいろな

素敵なカフェで

時々おりにふれ

思ったことです。


決まりごとのないカフェも

決まりごとのあるカフェも

私はどちらも肯定しています。

あとはそれぞれの使い分けで。


カフェはカフェのあり方があり

そこへの関わり方を自分で決める。



と、そうした経験からまた

自分に取り込んで考えたりも。




甘いものをたくさんいただきながら。


自分の周りや場について。

重なる部分の私的領域について。

人と人とのYes、Noについて。

とりわけ心地良いNoについて。



Noを伝えることと

安心を与えることの両立。


身勝手や攻撃のNoではなく。

そこはきっと大人のNoなの。


とても優しいNoを伝えられる大人も。

その先の大きなYESを感じさせる大人も。

愛情豊かで、とても優しい。


剣で突きつけられるNoではなく

思いやりが感じられてくるNoは

Noを言わせないであげたいな、と

その先はこちらからも思いやりたくなる。


Noを言われたら

こう自然に浮かんでくるようなNo。


きっと伝えたNoは最低限だね。

貴方の喜ぶことはなんだろう。

貴方のYESは私も好きみたい。

私が手伝えることもあるかな。

貴方のYESは私にはNoだった。

なら邪魔しないよう外に出るね。



例えば、そんな感覚で。

Noの周りを心地よく巡れたらいい。


もっとNoにも、肯定と微笑みを。


posted by 深森らえる at 18:46| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

見知らぬ宇宙


雨あがりの茂みを覗き込むと
時々見知らぬ宇宙に出会えます


DC9CA8BE-78BF-4636-A499-597797388DEA.jpg

良くある、こと。
だから、忘れちゃう、こと。

ときどきこうして
のこして

思い出そう。

posted by 深森らえる at 23:24| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

「綺麗でいる自由」

綺麗でいる自由。
そんなフレーズがふいに心に浮かんで。
それはなんだか心地が良くて。

姿カタチも楽しめばよいし
そして心も考えも直感もどれでも
これが綺麗って思うことを

私の思う綺麗はこれです、って体現する。

貴方の思う綺麗はなんですか、って
聞いたりしてみたくも思ったりする。

いる自由は、いなくていい自由でもある。
だから、こだわらなくてもよくて。

風が吹いたから、綺麗をするよ。
そんな感じで、軽やかに。


BEA787BD-697B-4F51-BE91-9B2A275D6479.jpg
posted by 深森らえる at 16:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

グローバルティーパーティ

セイロンティー百五十周年記念。

グローバルティーパーティ。
44C49382-774A-47C0-ACA2-2E13992DB87D.jpg

世界規模でしめしあわせて 
今日の十七時(各国時間)に 
ティーパーティしましょうというもの。 

お話をいただき
ふわりお邪魔してきました。 

否、ふわりのつもりでした。 

紅茶。 
何種類も何種類も。 
ご馳走。 
ご飯も甘いものも。 

そういったことを愛する人たち 
おしゃべりしているうちに 
飲んだし食べたのに 
喉がかわいてお腹もすいて無限ループ。 

あっという間に四、五時間過ぎて。 
ふわりどころかどっぷりと…。 
ここ最近で一番長いお茶会だったかも。 

開催者のお人柄か
とても場が優しく和やかで
お茶ってその空間そのものを
丸ごとで愛でるものよねと…

気がつけば 
今日も宵っ張りさんの1日。 

月は今日も綺麗ですね。 

今頃世界のあちらこちらで、お茶会が。 
それを想うだけで、また幸福。 

posted by 深森らえる at 23:37| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

夏越祓

水無月いただいて。
2360B09C-626B-48DF-96F2-945401A5DEC7.jpg


茅の輪もくぐって。
三回八の字くるくるり。


さてさて今年の後ろ半分も
良い年でありますように♪

おまじない。
41491875-8548-4442-8D4B-90E8A8E9FB9D.jpg
一枚多めに、余裕な感じ。
そんな後半にしたいものです♪
posted by 深森らえる at 00:21| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

紫陽花ケーキ

梅雨の間のみいただける
マメヒコさんの紫陽花ケーキを
いただいてきました。

9C909BD8-AA83-4664-8404-AD20E9B13B4E.jpg

ケーキに敬意を払うあまりに
お洋服までコーディネートして。

F3E9A547-E3F2-4F80-AD8F-483B19D165D8.jpg
いただく前のお姿。
紫陽花の葉っぱもまた優しく。

3FABF660-40EC-4E8C-B11D-4EBD11BB5269.jpg

バタークリームにカフェ・オ・レ。
ミルク、バター、其処に珈琲の苦味。
混然と、幸福に、溶けてゆく。


とても素敵な宵でした。

posted by 深森らえる at 23:23| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

髪は波やも

夏に備え

魔法の杖のような貝殻の簪。


ふと思いましたが

私の耳が貝ならば

髪は波やもしれませぬね。


夏が来るまで
あともう少し

昨日は夏至で
明後日は新月

暦をなんとなく意識していると
日々は同じように見えていても
めまぐるしく時は流れていて
笹舟に乗りながらゆらゆらりと

この子、船の櫂にもなるかしら。


30828A34-5D18-4018-8AA3-BD21B5431330.jpg



posted by 深森らえる at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

生きてる姿を

きちんと変わってゆくもの

あの時からずいぶん変わったねって


前も好きだったのに

今も好いている同士は

互いに変わっていて

今も同じ高さで会える

あの頃の視野の低さすら

お互いにいとおしみながら


君の昔を思い出す。

新芽の柔らかさ。茎のたおやかさ。

君のこれからを寿ぐ。

伸びゆく枝を。硬くなる幹を。



羽を休めにくる鳥の話を聞く

君がどれだけ幸せなのかを知る


君があるべき時を

あるべきように紡いですすんでいる


私もあるべき時を経て

もう葉っぱは食べなくなった

今はこの羽根で飛び

花を集めるようになった


私たちは互いに変わってこうなって


またねと手を振ろうとすると

君が呼び止める

三年くらいしたら花もつけるから

長生きしたらよいと


こっそりと思う

君が伸び止まり枝が下がる頃

私の羽根も疲れを覚えて

また低い場所でしか会えなくなる

その頃にこそ心地よくあれる

そのための丁寧こそ必要な変化


わかった

また明日かそのうちすぐ

生きてる姿を見せにくるよ

またね




posted by 深森らえる at 02:43| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

つゆどきのぽよぽよ

5C7AD92A-46AE-4DF6-B083-5EE9D8B7F91B.jpg

動物のあごを優しく撫でるような感じで
そっとそっと、そおっと紫陽花を触ると、

ふわふわふわふわ、ゆらゆららと
なかなか思いがけない動きをし、
そしてその手触りに魅了されます。

優しくそっと上に乗せる感じでも
充分ぽよぽよするので、そっとそっとで。

紫陽花、好きです。

なんかこう、あんな大きく咲くのに
あんなに茂って仲間もいるのに
なんだか心配になってしまう花です。




posted by 深森らえる at 20:34| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事