2017年09月12日

クッキー焼けたかな?

望みが叶う時「まで」の間って
することしてしまったら
あとは待つだけみたいなところが
あるものも、ある。

クッキーやローストビーフを
焼いてるみたいなもので
基本的にはオーブンに
貼り付いていなくてよくて
ましてやずっと眺めてなくてよくて

たまに様子をみたりするけど
あけたりしめたりしない

いい匂いがするなあって
ふんふんしたりしながら
焼き色がついてくるのを
時々うふふと眺めながら

その時が近づいたら
えいやって取り出したり
もぐもぐ確かめたりしたり
ちょっと調整したりするけど
そこはその時がくるから

待ってる時は
楽しくお茶飲んだり
本をのんびり読んだり

そこもほわっと
好きなことをしていたら
まあまあ適度に焼けまするよ




と、今自分が
作ろうとしてるものに対して
どんなところにいるのか
感じる力が欲しいし
あともっと手放せるように
手をかけるところに関しても
もっといろいろな機会をふやして
体感でわかっていってしまいたい。
バターと卵混ぜてる時に
休んだりしちゃだめだったりするし
その「感触」には繊細に敏感に
今私はこれをしてるんだな、って
目が覚めているとよいなあと思ふ。


で、戻って。
焼いてる時は
別な好きなことをしていてよいのよ。

いい匂いがしてくる、まで。
わくわくと。
posted by 深森らえる at 11:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

海は広いし楽しいしの思い出

どうしよう。


この夏は海の楽しさを

あらためて知ってしまったかも。


D571244F-F954-487C-BB9B-2400EA6866B1.jpg


まあまあいったんおちついて。



そうなの。


八月のとある一日。

お友達と海に行ったのです。

海で全力で遊ぶようなお友達と。



まずは第一目標

この夏にいきたかった海の家で

紅茶&アイスにはじまり

463FA5F8-8D14-4F26-BF83-8B06F6D10644.jpg50D21AC3-D986-487B-8342-4B396818D321.jpgF6393AA6-3972-4B7D-AAFF-E2E53F6EB7E8.jpg


期間限定派とアイス派に二分。




たくさん泳いだ後の

おかわり&おかわりのハマグリと

たくさんのおいしいものと

際限なしの日本酒とか

EAEE9AAB-6C3D-4C44-9B85-F9C9A21400BF.jpg



3E666F86-15AF-4516-AFB9-0AE17B802EC0.jpg

日本酒ほぼ見えない…




私の趣味の喫茶店巡りにも皆に付き合ってもらい

75900989-6C76-4ADC-9E18-D4DD1CAA6A55.jpg



94EEEA40-862B-4446-A544-EB5498AC9821.jpg


珈琲撮り忘れ…



あれ。海の写真がまだないけど。

海にもちゃぷちゃぷと

この数年で一番遠くまでゆき

また多分一番はしゃいだ&泳いで


純粋無垢に(?)


「楽しいことしかない一日」


そんな日があるのだわと。

楽しくてびっくりしちゃった日でした。



それにしても気持ちよかった

あんなにはしゃいで遊べるとは…♪



緑の多い場所や

草原好きだと思ってたけど



海も…よい!ね!



夏。ありがとう。

海。ありがとう。


よい夏でした♪




最後に


この夏一番のせくしーしょっとで

二千十七年八月の日記をしめようと思います。


(一緒にうつったお友達の掲載許可もとってあります)



ではでは









ちゃぽん。

AF16BC95-2102-4AA0-8991-94F18C312664.jpg





おかしいな。

あれだけの楽しさが伝わらなそう。


ともあれ、ありがとう夏!

(大きく手を振りながら)


posted by 深森らえる at 02:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

スズムシカフェ

スズムシカフェさんに行ってきました♪

7783FEC5-C8B1-4563-948C-3871300266A6.jpg

スズムシカフェで、
金魚のデザートをいただく、
夏の終わり。


に。


浮かれ踊ってみたり。

27B6C859-7335-42C6-B92E-2E05F73EF297.jpg

このあと線香花火もしたのですが
最後までゆかずに落ちました……

むむぅ。

夏がまだ、終われないじゃない…




posted by 深森らえる at 01:48| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

今日のフランス語講座から

あなたに会えて嬉しい
Je content de vous voir.



7E92D31F-F3A1-4DA1-BA9D-AABB120DB2C5.jpg


会えている、その縁がある間にできること。
会えたことだけで、もう意味はできたけど。
せっかくだから、ね。


そして
Nonを手渡すこともまた、
嫌をあらわすこともまた、

その時々の
関係性の中でできること。

境界線まできちゃったなら
変えてでもその先まで行きますか。
それとも触れぬここまでにしますか。
むしろ来すぎたし少し空けますか。
とかも、ね。

posted by 深森らえる at 00:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

なんでもなくない日

8FB8F878-A6AF-4E4A-AD17-15A6EBF9C46D.jpg



もぐもぐしていると


いつの間にかお花が咲く幸せなお皿。


そんなささやかなほっこりを見つけつつ

一日一日が紡がれるなど。



「なんでもない日、おめでとう」


そんな言葉をくれたルイスキャロルに

「なんでもない日がないよ、おめでとう!」

そんな風に笑い返してみたい。


「なんでもない日がないなんて、なんてことだ」

「なんでもない日を作れるなら作ってみましょう」

「確かにそれは難しい」

「それこそ奇跡のような日よ!」


みたいなやりとりも思い浮かべつつ。


作れるものかしら。

ほら、こんなにあれこれと。


なんでもないって不思議。

意識した途端消えちゃうの。


心がそこにあれば。

なんでもなくならない。


今日も花咲く、明日もきっと。






posted by 深森らえる at 01:32| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

紅のさしそめ

立秋ですね。  



38AC900D-E9F7-4DB6-BD56-3847ED54A970.jpg




昨日ひととき過ごした喫茶では

竜胆や吾亦紅がいけられていて。


日の長さも変わり、

花も巡り、明日は満月。


時がある世界だからこその愉しみ。



変わらぬものは心の中に

選びしまっておけばよく


変わるものたちの中から

新たな気づきを見出して

またも煌く豊かをもらい


変わらぬものはそのままに

心ひろがる嬉しさよ



昨日ひいたおみくじは

再会を告げておりました


秋とも、再会。

巡るものを受け入れる。



03847932-FCF6-4EAF-93ED-EBD085B1A60D.jpg



そういえば、こんな眺めもありました。

それこそ入り口はあちこちに。

さて、どののれんをくぐりませうか。

posted by 深森らえる at 11:27| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月04日

夜の妖精のかわりに

眠りの精は

珈琲に追いやって

もらっていたはずが


どうやら

頼まれて

かわりに



うちの子が眠りを促しに



灯りまでさりげなく柔らかく
もうここは半分現実でもなく

わかりました
そろそろ船に乗りましょう

79E61503-FF0B-4E5D-86E5-62D8D95D4F6C.jpg



Bonne nuit, et fais de beaux rêves.

posted by 深森らえる at 02:42| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月03日

うたかたのおんがく会

A0CD4DA7-F5C5-457D-AA5F-AC58C7B16DA5.jpg



ものおとも

まだ静かな

朝のすきま


耳で見つめて

入り口をくぐり


うたかたのおんがく会

ひとりゆくおんがく会






posted by 深森らえる at 09:43| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

風小舟

83F1B6A1-1CEE-4695-B44A-20DCD2FFA19F.jpg

風小舟 色をさされて 夏深む



強い雨風に落とされたのでしょうか。

夏の一筋の光を
既に焼き付けられてしまった葉が。

まだまだ青いのに、青くとも。

秋をもう知ってしまったのね。
だから耐えきれなかったのね。

などと。

あと七日もなく、立秋。

posted by 深森らえる at 20:21| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

YesのためのNo。

大切なことを

大切にするために告げられた

その場所の大切を守るための物事。


その大切を守ることで

立ち現れてくる空気もあって。


そこの出入りは自由。

だからこそ、それぞれの判断。

入るかどうかの選択肢はそれぞれに。


そうした先で。

それを望み集う人々でできる空間。


野放図でないからこその

本当にくつろげる解放もある。


大事にするから駄目なことはある。

駄目がここを守ると知っている。

だから笑顔で受け入れられてゆく。




Noは大きなYESの前にあるもの。


Noの現れに惑わされないで。

その先のYESにうなづきますか?


Noを言ってもいい。

その先のYESを守ろう。

NoにNoと言って離れてもいい。

あなたが作りたいYESを作ろう。


貴方は何を肯定していますか。


肯定するものを支えたり

もしくは表現できていますか

時折でも、たまにはでも。






いろいろな

素敵なカフェで

時々おりにふれ

思ったことです。


決まりごとのないカフェも

決まりごとのあるカフェも

私はどちらも肯定しています。

あとはそれぞれの使い分けで。


カフェはカフェのあり方があり

そこへの関わり方を自分で決める。



と、そうした経験からまた

自分に取り込んで考えたりも。




甘いものをたくさんいただきながら。


自分の周りや場について。

重なる部分の私的領域について。

人と人とのYes、Noについて。

とりわけ心地良いNoについて。



Noを伝えることと

安心を与えることの両立。


身勝手や攻撃のNoではなく。

そこはきっと大人のNoなの。


とても優しいNoを伝えられる大人も。

その先の大きなYESを感じさせる大人も。

愛情豊かで、とても優しい。


剣で突きつけられるNoではなく

思いやりが感じられてくるNoは

Noを言わせないであげたいな、と

その先はこちらからも思いやりたくなる。


Noを言われたら

こう自然に浮かんでくるようなNo。


きっと伝えたNoは最低限だね。

貴方の喜ぶことはなんだろう。

貴方のYESは私も好きみたい。

私が手伝えることもあるかな。

貴方のYESは私にはNoだった。

なら邪魔しないよう外に出るね。



例えば、そんな感覚で。

Noの周りを心地よく巡れたらいい。


もっとNoにも、肯定と微笑みを。


posted by 深森らえる at 18:46| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事