2017年06月28日

紫陽花ケーキ

梅雨の間のみいただける
マメヒコさんの紫陽花ケーキを
いただいてきました。

9C909BD8-AA83-4664-8404-AD20E9B13B4E.jpg

ケーキに敬意を払うあまりに
お洋服までコーディネートして。

F3E9A547-E3F2-4F80-AD8F-483B19D165D8.jpg
いただく前のお姿。
紫陽花の葉っぱもまた優しく。

3FABF660-40EC-4E8C-B11D-4EBD11BB5269.jpg

バタークリームにカフェ・オ・レ。
ミルク、バター、其処に珈琲の苦味。
混然と、幸福に、溶けてゆく。


とても素敵な宵でした。

posted by 深森らえる at 23:23| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

髪は波やも

夏に備え

魔法の杖のような貝殻の簪。


ふと思いましたが

私の耳が貝ならば

髪は波やもしれませぬね。


夏が来るまで
あともう少し

昨日は夏至で
明後日は新月

暦をなんとなく意識していると
日々は同じように見えていても
めまぐるしく時は流れていて
笹舟に乗りながらゆらゆらりと

この子、船の櫂にもなるかしら。


30828A34-5D18-4018-8AA3-BD21B5431330.jpg



posted by 深森らえる at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

生きてる姿を

きちんと変わってゆくもの

あの時からずいぶん変わったねって


前も好きだったのに

今も好いている同士は

互いに変わっていて

今も同じ高さで会える

あの頃の視野の低さすら

お互いにいとおしみながら


君の昔を思い出す。

新芽の柔らかさ。茎のたおやかさ。

君のこれからを寿ぐ。

伸びゆく枝を。硬くなる幹を。



羽を休めにくる鳥の話を聞く

君がどれだけ幸せなのかを知る


君があるべき時を

あるべきように紡いですすんでいる


私もあるべき時を経て

もう葉っぱは食べなくなった

今はこの羽根で飛び

花を集めるようになった


私たちは互いに変わってこうなって


またねと手を振ろうとすると

君が呼び止める

三年くらいしたら花もつけるから

長生きしたらよいと


こっそりと思う

君が伸び止まり枝が下がる頃

私の羽根も疲れを覚えて

また低い場所でしか会えなくなる

その頃にこそ心地よくあれる

そのための丁寧こそ必要な変化


わかった

また明日かそのうちすぐ

生きてる姿を見せにくるよ

またね




posted by 深森らえる at 02:43| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

つゆどきのぽよぽよ

5C7AD92A-46AE-4DF6-B083-5EE9D8B7F91B.jpg

動物のあごを優しく撫でるような感じで
そっとそっと、そおっと紫陽花を触ると、

ふわふわふわふわ、ゆらゆららと
なかなか思いがけない動きをし、
そしてその手触りに魅了されます。

優しくそっと上に乗せる感じでも
充分ぽよぽよするので、そっとそっとで。

紫陽花、好きです。

なんかこう、あんな大きく咲くのに
あんなに茂って仲間もいるのに
なんだか心配になってしまう花です。




posted by 深森らえる at 20:34| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月31日

甘やかしてると言われるほどに

手のひらにのせてみた紫陽花が
ふんわり  しっとり

8DCBC8AA-5F0D-4DBE-936A-8527E32076C6.jpg

花言葉は移り気
移り気さんはきっと
影響を受けやすい

土の性質で色が変わるほどに
自分の決めたものを持ちすぎず
言うことを聴きすぎて

だからこちらが
もっと紫陽花の声を聞かなくちゃ

こちらに合わせて変わってしまわぬよう

紫陽花が
微かな紫陽花自身の声を聞けるよう

静かで優しい場所で
甘やかしてると言われるほどに

力を及ぼさずに
ただ守ってあげたいと思う
posted by 深森らえる at 10:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

夜に足す。

五月の昼は光眩しく

花や緑が賑やかだから

目も心もどこか奪われっぱなし。


自分に戻ってこられるよう

気持ち多めのしっとりさを


夜に足す。




23DB8D51-4C4C-4EE6-9486-5923F9E4E4A2.jpg


posted by 深森らえる at 23:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

一つ 重なり

86F11235-0777-4849-A685-FD552A21BE8B.jpg

一枚だけでは

一葉だけでは

一花だけでは


此処にいたらぬと


昨日に居た貴方が言う


また重ねてまいりましょう


今日の日は何れでしたか

今落ちゆくあの子ですか



posted by 深森らえる at 00:09| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

たちどまって

500A3386-C2CC-4433-B2C1-B5F3125C9013.jpg

やさしいものは しずかだから


しずかなものは なかにいる

だから そんざいが とどくまで


たちどまって しばらく 

ただだまって そのそばに


きがついて たちのぼる

やさしいものの  あいさつ

posted by 深森らえる at 01:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

ハプニングオムレツ

ある朝。
オムレツを作ろうと冷蔵庫を開けると。

そこにアイスクリームがいた。

うん。
あれ。
そこ君がいていいのかな…?


よくないよね!

わーぉ、とつぶやき、冷凍庫にしまい直し。


落ち着いたところで、冷凍庫をあけて。
アイスの蓋をあけてみる。
FE2554B8-DB1D-4094-87EA-D95A1B481513.jpg

そうね、溶けてるよね。


ふと。

オムレツを生クリームで作るなら、
アイスクリームだってありなんじゃないの?
デザートオムレツってあるよね?

みたいな考えが。

なるほど。
わたくしに挑戦をお望みですか、運命は。

6897053E-A43D-41CA-9A81-E2A7B6785F4A.jpg

いそいそと準備。
おうちに適当にある果物は…と。

黄金柑も剝いて入れちゃう。
オムレツそのものは
少しお塩で味を引き締めて。
小さなフライパンで弱火でじゅうう。
砂糖の分、焼き色が濃いめについても焦らない。
果物の分もあるから、焦らずじっくり中まで火を入れて。


結果。



意外とおいしかったよ♪



CFDFE944-450D-478E-9D18-230C646EA3B9.jpg

昨日の私のやらかしは、
今日の私がひきうけて。

心地よい朝を作るのです。



posted by 深森らえる at 07:41| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

鈴蘭の日に

6072D1B0-EC50-4B3E-BD2E-87AC036102C1.jpg

鈴蘭の日に、こんなブローチをつけて。


8405539F-9D5A-4FC0-BAC1-B31265A9CFE7.jpg
そういえば昔、
こんな和菓子を作ってもらったなあって。
鈴蘭が好きで、
リクエストして、楽しかったなあ。


来年はどんな鈴蘭と?

巡る大好き、また会いましょう。


posted by 深森らえる at 22:12| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事