2017年04月08日

影響

いつか見た花はいつしか
83429C5B-49B7-4B36-96ED-0FA9FF0F0E94.jpg

私の日常のガラスを変えていた

8B4857A2-1D8E-46C9-917E-CE82B15F1ECD.jpg

なにかを知るたび
ガラスが変わるから


私の目にあなたがうつるガラス
あなたの目に私がうつるガラス

どちらもが重なって
やっと出会えていたのだと

もうあなたを見つけぬガラスに
ひたいを預けてあきらめてゆく


posted by 深森らえる at 14:40| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

三段階の、春。

昨日は立春でしたね♪

新暦と、旧暦と、そしてこの節気。
なんとなくそのたびごとに、気持ちが新たに。

新暦で、生きる社会や世界と一緒に。
旧暦で、月の巡りと自分のバイオリズムとともに。
節気で、大地の変化と五感を合わせて。

みたいな。

切り替えもいきなりじゃなくて
三段階アクセルを、徐々に、徐々に。

今日は少し寒くなるみたいだけれど、暖かい格好をして。
また、いつものみんなの、いろんな人の、新しい笑顔に会いに行こう。

posted by 深森らえる at 14:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

三が日ラストは

友人と会って
お土産とお年賀を交換

わふわふ喋っていたら
あっとゆうまに夕方(笑)

夜は別で合流し
気になっていたお茶をいただきに

D4ABF613-6A3F-4896-A6DD-6E9972B61929.jpg


そして写真コーナー
結い上げの髪を
帽子にきゅっとつめこんで
せっかく真似したのに

89BC19B0-35C1-47FB-98C4-64F903425616.jpg
家に帰って携帯確認したら
スヌーピーが入ってないよ!

なんということでしょう。

でもたのしかったからよしとします。

ね。
posted by 深森らえる at 23:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

あけましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨晩、新しい年のことを考えてました。
今年は、小さなことを大切にして行きたいなって。

「慈沙」いつくさ
……という言葉を作り
自分の心のある場所に飾りました。

小さなものを、ことを、慈しむ。
そうして大切にしてゆく先の未来が見たい。

日常を。その日常を形作るものを。

神が細部にやどるように、
愛を小さきものに宿らせる。

そんな年に、したいなって。

A1FA95AF-B9A5-45D5-B732-2FE1F5CC7718.jpg

運命とお酒をささやかに酌み交わす
そんな日が時にあってもいいなあ。

その時はゆっくり語りましょう。

運命が姿を借りるあなたとも。
お話できる日を楽しみにしつつ。

運命は特別大がかりなことじゃなくて
日常のなかで交わす一言にあるかも。
お茶やお酒の笑い声にあるかも。
なんでもない日、おめでとう。

そんな気持ちで。
第一歩目。







posted by 深森らえる at 21:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

算法少女公開終了!の、先へ!

C641C047-70EE-4D70-9DEA-EAEBAA2A2798.jpg
サンタ写真は当日のものではありませんが…

公開はまさにクリスマスイブからだった算法少女
6427D5F6-D906-42E4-958F-EA7783F46611.jpg
ああ、劇場前の看板を撮りそびれてしまい、一番現場っぽい写真がこれなのですが(受付)

みなさま、応援、ご来場いただき、
ほんとうにありがとうございました!

とてもとても素敵な人たちと
とても誠実な時間が積み重なって
こうして生まれた作品。

やっと、世の中に羽ばたく。
その一歩目です。
今回プレミア上映ということで
来年もまた広がってゆくそうです。

なので、みなさまに
ますますの応援を請いつつ
この先に進んでゆくこの作品を
(そして合わせて私の演じました
いたずらっ子の小さなおみっちゃんも
この予告編にて夕焼け小焼けを歌いながら
ますますずんずん進んでゆきますので!)
どうぞ応援してあげてください♪

2016年12月。
一緒にこの瞬間を見守ってくださって
本当にありがとうございました!

感謝!です!
posted by 深森らえる at 01:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

アニメーション映画「算法少女」 12月24日から公開

嬉しい、嬉しい、お話。

皆様まずはますは、どうぞこちらのトレーラーをご覧ください。
日記の途中でもぜひぜひこちらへ。
(HPのなかにある、Trailerの画面をクリックすると繋がります)

私は初めてこの映画の映像を見せて頂いた時、

胸の深い所のじんわり温かいなにかがふわあと浮かんでくるのを感じつつ

一方で何をかわからなくても何かしたくて、あわあわと気持ちが泡立ったのを覚えています。


まず一番にトレーラーをご紹介してしまったのは、その映像をまず、みて、ほしくて。
(ちなみにこのトレーラーで一番最初に夕焼け小焼けを歌っている「みつ」ちゃんが今回の私の役です)


見て、いただけました?

ではでは、あらためまして!

オーディションから今まで、ずっと公開を楽しみにしていた、
みつ役にて参加させていただいた映画 「算法少女」 がついに!
今年12月24日公開のはこびとなりました♪


公式ページはこちらとなります。

そしてまた、外村監督からのお話が載っているこちらもぜひご覧下さい。
http://artmic8neo.jougennotuki.com/sanpu_syoujo.html


お話は江戸時代、和算の世界に現れた、可憐で勇気ある女の子のお話。
彼女が算法の力で、人との繋がりのなかで、みんなと運命を切り開いてゆくお話です。
私は久しぶりの子役、元気で可愛く勢いのいい!女の子を演じています。

そんな「算法少女」のお話、私に会った時にお話をふってくれたらわふわふと語りますし、
また、トレーラーだけでなく、このお話の全てを、
映画館のスクリーンででご覧いただけたら、「おみつちゃん」はとっても嬉しいです。

皆様のお越しを、心よりお待ち申しあげております。

「算法少女」
12月24日から28日まで 渋谷ユーロライブにて http://eurolive.jp/
12/24(土)(1)13:15 (T)15:00 (2)15:30
12/25(日)(1)13:15 (T)15:00 (2)15:30
12/26(月)(1)13:15 (T)15:00 (2)15:30
12/27(火)(1)13:15 (T)15:00 (2)15:30
12/28(水)(1)13:15 (T)15:00 (2)15:30
(1)は一回目上映開始
(2)は二回目上映開始
(T)は舞台挨拶orトークイベント(約20min)を予定
チケットは一律1000円で全席自由席、トークイベントもそちらのチケットでご覧いただけます。

♪追記です!♪
トークイベントのお話をいただきまして
24日登壇となりそうです。続報書きます。
♪♪♪♪♪

ご質問、ご予約など、お気軽にどうぞ。

ちなみにこちらにご一報いただき、前売りとしての予約をいただけると(日時自由です)当日パンフが割引になるなどのサービスもうけられます、よかったら直接私でも扱えますのでお声がけくださいませ。

ではでは、今日の日記は
「おみつちゃん」からも愛をこめて。

ぎゅ。




posted by 深森らえる at 16:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

日曜時間

ホットケーキは弱火で焼くと
綺麗な焼き色がつきますね♪

E7134C15-3DFC-4CEB-87AA-CC9AA5904626.jpg

おうちで時間がかけられる日の贅沢

一枚で、ささやかな幸せ。
二枚重ねて、ゆるぎない幸せ。

青いお皿に触発されて。
あれこれ家の青いもの探して。

CF6644D3-45C3-4213-B21C-522417FCA316.jpg
そんなこんなで青い夜でした。

夜といえば
何枚か焼く中で
ふいにお月様がうまれたりもして。

9BEB091F-3D6A-446D-8CFD-C68CFC303C7A.jpg

お月見お月見。
良い夜です。

posted by 深森らえる at 00:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

結構はしゃいでいたかも

6CE9053D-E6FA-4F5D-BF0E-79DC45F77794.jpg

ぽーずをとって、パシャリ。

秋めいてきましたねぇ、すっかり。

65D4E123-7B55-4028-8B69-5D9FAAC57866.jpg

なみなみとしたお酒をいただきつつ。

そろそろお鍋も美味しい季節です♪




のんきにっき。

posted by 深森らえる at 00:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

間柄のしょうがないこと。

このひとだから、いいよというのは。
実はそれぞれの関係性のなかにあって。

だれであっても、いやだというのも。
それぞれのなかにしっかり存在していて。


あまえられるのはすてきだけど
がまんをそんざいさせたいのではなく

あまえられるかんけいせいになるか
ふかをかけないきょりまではなれるか

価値観とかデリカシーとか
まずはさぐりさぐりで


個性があるから
全員同じにはいかないし


好きや苦手もあるから
努力でカバーできないこともある

火はあったかい、手をかざす、でも触れない
水は潤う、綺麗なものは飲む、でも溺れない
そよ風は気持ちいい、身をさらけ出していい
わたしにはそれがここちいいありかた。


でも、魚は、水にずっとまるごと身を浸せる。
人がそれを真似ようとしてもできないけれど。

だれかのなかの特質は、だれかにとってだけ必要で
大多数のまわりが理解できなくてもなりたつこともある。


わたしのなかの特質は 誰かにとって特別で
誰かの中の特質は わたしにとって特別で

世界が理解できなくても、
わたしにはそれが大丈夫で、
向こうが大丈夫もあるかもしれない


でもそれは奇跡のようなものだから、
ほとんどの場合は、そうじゃないよって

普段はなるべく「普通」の所から
いやなことていねいにとりのぞいて。
すきなこと少しずつ増やして。
最初は下手でも確認をしながらさぐりさぐりすすむ。


特別がたくさんだと、嬉しいような気がするね。
でも特別は特別なものだから、欲しがったからもらえるものでもなくて


特別な人にできることと
普通の人にはできないこと
それはあってしまうのだけれど
だけどそれは
特別仲がよいとか、
だから親しくないとかではなくて

あなたとわたしの距離は、常に唯一で。
あなたとわたしだから、しょうがないもので。

特別にできないからって、軽んじてるわけでもないの。


ただ特別になるには、実は子どもじゃ駄目で。
努力や技術も必要で、一番のびやかな自分に戻る必要もあって。
特別なコミットをできる関係性自体が多分特別で。
それはね、自分でも育んだ所までしかできないんだ。

そしてまた、新しい特別を、作り出すことだってできるんだ。

私の中の火は、普通を燃やしてしまうかもしれない。
でも、気球のなかにしかるべき形でおかれれば
仲間を空に連れていってあげることができるかもしれない。

そしてまた、特別なものが響きあうことだってあるんだ。

誰かの中の水は、他を息苦しくさせるかもしれない。
でも私の中の魚はそこでこそ自由に泳ぐかもしれない。
ずうっと眠って終わるかもしれなかった魚が嬉しそうに目覚める。


それは多分奇跡のようで
出会えた互いの成熟の中で恵まれることで
おとなになればなるほど、たぶん、可能性は、増えるんだ。

互いが幸せになれる、普通には転がってない、お互いだからの、特別。
posted by 深森らえる at 00:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

わからないから

「こうすればよいのね」と
何かから学ぶこともあるのだけど、

「こうしなくてもよかったりしない?」と
何かを学ばせようとするものから距離を取ることも思う。

指南やお手本が溢れている。
こうしたほうがいいよ、
こうしないほうがいいよ、
メニューがたくさん用意されてる。

あれ。
でも。

そもそもメニューから
選ばなくてもよいんじゃなかった?

従う結果、逸れる結果、
どちらの果実が美味しいかなんて
選ぶ時にはわからない

従った結果、逸れた結果
本当はどちらが良かったなんて
結果が出てもわからない

なら
経過も「自分好み」を選ぶ手もありよね

わからないから
経過からの 結果に 出会う 旅


posted by 深森らえる at 02:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

うつくしい の みつめなおし


基準として作られた美しさじゃなくて、
自分の芯から感じる美しさって何だろう……と
そんなことを考えたら。
そもそも美しさって何だろうっていうことになってしまって。

どうやって答えを探そう。
まずは「心地いいもの」からもう一度手繰るような。
そんな作業からなのかしら。


普遍でなくとも、「美しい」を知りたいな。
なんていう気持ちが出てきているのだけれど。

あれ?

そもそも。
「美しい」という言葉を知ったのはいつごろなんだろう。
「美しい」の言葉の意味をつかんだつもりになったのはどんな時?
どこからその言葉の「意味を培って」きたのだろう。

童話の「お姫様はとても美しく」とか「美しい湖がありました」とか。
まずなにかこう「目に入ったときに、とてもよい気持ちを起こさせるもの」のイメージができて。
少し大きくなって、「美しい音楽だね」とか「美しいたたずまいだわ」とか。
目に入るばかりでない、まわりが評価している流れやあり方があって。

その先で、同じ感情を起こさせるもの、同じ感覚にとらわれるものを
「美しい」と自分も思うようになって。

周りと美しいものの話をして、美しいは常に更新されつつも、だんだん固まっていって。

うつくしい。
最初の響きは五文字の音だった。
そして「うつくしい」、の、その五文字の音は、言葉。
誰かとの共有のために、その五文字でだいたいこのあたりを指して話そうよ、という記号だと知り。
漢字も覚えた頃には、それは立派な「美しさ」

わたしの「うつくしい」は、それでよかったのだっけ?
それをわたしが「うつくしい」とかんじているのだっけ?
ここでまた話はもとに戻る。
「うつくしい」ってなんだったかしら。

みんなと共有している「美しい」
わたしの心が感じる「うつくしい」
そこに当たり前のように時々ずれはある。
でもかなりの部分で重なる部分もある。
「美しい」と言われているものと、「うつくしい」と思うもの。
それは言葉を使う以上曖昧。その上言葉も私を作っていくから。
「美しいとうつくしいは、ほっておくと同じになる」

今の私が抱いている欲。
私にとって何が「うつくしい」のか、もう一度点検したい。
そしてもう少し、クリアな形で。
わたしにとって、と、言葉にとって、の差をわかりたい。

そうしたら。

まわりの言うことは分かり、そして言葉で繋がったうえで。
私の持つ「うつくしさ」で、私の中の「美しい」も更新していきたい。
そして時々、まわりにも問いかけてみたい。

「これ、うつくしいとおもうんだ」って差し出しながら。



追記
そして時々「おそろしい」や「やるせない」みたいな色のことばや
「しあわせ」とか「うれしい」みたいな、色の似たことばとかも、ね。
posted by 深森らえる at 00:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

おちゃのこちゃいちゃい?

098606B1-3EA2-4B6B-8161-1DD2DD754406.jpg

続いております。中国語講座。
フランス語と並行して4週目。
4週目にして出てきました。

お茶にまつわる会話。

「コーヒーと紅茶どちらを飲む?」とか
「ミルクとお砂糖はいる?」とか
その受け答えとか。


しあわせ!


読んで理解はできる程度になったし
指差しで会話くらいはできるかも。
発音は難しいし、単語も多いので
焦らず、ゆっくり慣れてゆけたら。

始める時には
とりあえず1ヶ月やってみます
って言ってたけど
来月も続けてみる予定です。

思わぬ副産物は、
中国語講座のすぐあとの、
英会話タイムトライアルも
そのまま聞くようになったこと。

簡単な英語にチアフルな声
1日に勢いをつけてくれます♪

いろんなお茶が飲みたい、
という欲が
私を動かしてくれています。

またいろんなカフェにゆきたいな。
世界のあちこち。まだまだたくさん。

そんな四月。

posted by 深森らえる at 09:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

9日のお知らせ♪

9日。ヒリガデでお世話になっている
ジャムステーション繋がりにて、Queさんのライブのお手伝いをいたします。
影ナレーションなど裏方のお手伝い……と思っていたら、
5分ほどのぷち朗読にも参加することに。曲にあわせたショートストーリーです。


2016/4/9(土)
qyuワンマンライブ「LIFE SONGS」@恵比寿天窓.switch(東京)
open 18:30start 19:00
前売・当日 3000円(+ドリンク代)
ゲスト しの*たえこ/門並明日香/江口愛/USP Actors
*qyuサポートメンバー*
Per.東大黒/Pf.村上通/Ba.渡辺景/Gt.有地利之/Cho.且優矢


Queさんはこのライブのあとしばらく活動を休まれるそうですので
Queさんのお歌に生で触れられるこの機会にぜひ。

お花見帰りの方も多いかな。
ふわりとお歌とともに時を過ごすのはいかがでしょ。

という、週末のお誘いです♪
posted by 深森らえる at 15:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

29日の扉。

昨日。
昔の手紙の束が数年の時を経て出てきた。

読んでいるうちに深夜に。
閏年、四年に一度の特別な日。

今日。
手紙の束をぱらぱらほぐしていたら
閏年、2月29日の日付の手紙が。

なんだか不思議な感じ。
それにほら、29日は月が違っても
私の誕生日の日にちだし、縁もあるし。

夏への扉。たんぽぽ娘。

こんな特別な日には
ちょっと見に行くこと
許されないかしら。

記憶ではなくて、本当の過去そのものを。




posted by 深森らえる at 16:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

場内…!

EAE4087D-BB69-4EA1-8B52-D953D90BF644.jpg
初めて!
築地の場内に行ってきました。
そう、お魚の市場です。

築地は何度か行ったことがあるし
お寿司も行っているけれど

友達が築地のお寿司に誘ってくれて
とことこゆきましたら

案内してくれました。

テンポが早く
なんだかこう緊張してしまって。
結局お寿司は場外でいただいたのですが


91187D6D-39C8-4B17-8D19-4E23B32D998D.jpg
このほかにアナゴとかさわらとか。

こうふく。こうふく。

posted by 深森らえる at 23:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

立春改定

私は2月のチャレンジとして立てた目標に
立春の時点ですでに挫折していました…。

目標の立て方間違ったね、と
反省しているところです。

「本を読まない」とか、無理!

3日で禁断症状がでました。
(資料や勉強の本はオーケーで、
それは読んでいたにもかかわらず)


こうした挑戦に関しては柔軟に
決めたことを守る守らないではなく
決めてみてやってみて改善していく方向で。

立春を機に改定。

しっかり選ぶ、は、しよう。
一冊一冊本を美味しくいただくための、
本ダイエットということにします。

食べ物と一緒。
食べないのではなくて。
健康的に摂取してゆきますよー。

「読書について」を
本日読む本とともに持ち歩きながら。

posted by 深森らえる at 01:15| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

ここから、春。

2F3DC77F-BA38-44D7-96E5-C630674AD80B.jpg

春が、きましたねぇ。

立春の朝作られる特別なお酒やお菓子のことを思い、なんとなく楽しい朝です。

陰極まりて陽となる、とあり。
季節は巡ってくるけれど。

極まる、極めるって、
どこまでいけばそうなの?
実際の人生で目指すにも
見切りをつけるにも
極めるまで待つとキリがないこともあるから。
時に自ずから「区切り」をつける。

節を。

ここまでで第一段階では頂上とするとか。
まだ余裕があるここまでがぎりぎりとか。

ここで破るよ、変えるよ、先に進むよと。
ここが極まりと決めることもまた節目。


節目を迎えるために
分けてみるだけでもいい。

節分明け。
いつもと同じでも、新しい朝。






posted by 深森らえる at 10:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

本は甘い。

突然ですが。
ときめきがこみ上げると唾液って甘くなりませんか……?
少なくとも甘く感じません……か? 
それとも味の甘さを感知する感覚がなぜか一緒に作動しちゃったりする……だけ? 

とりわけ知的快楽的なものにその味覚がともなうことが多いのですが……

私は、本を読んでいる時に、突然甘さに惑わされることがあります。
時に香ばしさ的な感覚も。
あまりまずさは認識することはなく。

幸福な時にも唾液が甘くなったと思うことがあります。
でも気がつくのは、本を読んだり、文章から気づきを得たり
そうした「言葉」「文字」的なものが喚起するものからが多いかも。
それが何、どこのどれのおかげで、とは指摘しづらいのですが。

そう、指摘しづらいということは、それだけの「幅」が必要なことが多くて。
ある程度の分量があるほうが、この現象は起きやすい気がします。
文章でも起きないことはないのですが、少なめかな。詩だとあります。
本だともっと起こりやすく、途中で息つぎする時とかにきがついたりも。
でも本の全てで起きるわけではないので、詩のほうが確率はたかいのかもしれない。

別に味を求めて読んでいるわけではないし、普段忘れていたりするのですが。
気がつくと「あまーい」となっている時は、たいていときめき中、愉悦にふわふわしております。

世界には頭のよい人がいて、素敵な文章が詩が本がたくさんあります。
素材がよかったり、いい畑をもっていたり、それぞれの内的世界の中にいろんな素敵があるのだろうけれど。
伝える形で、言葉を使って、文章の形で調理して、おいしい形で届けてくれる。
書き手さんはそれぞれ、知性の名パティシェさんだな、と、ふと思ったのでした。
posted by 深森らえる at 16:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月04日

毎日のお菓子BOX

生まれてきた時に、贈り物をもらっていて、

毎日それをあけてはもぎゅもぎゅと食べている。

それはいわゆるチョコレートボックスのようになっていて。

そしていわゆるアドベントカレンダーのようになっていて。


一日一つ、箱をあけ、中に入ったお菓子を順番通りに食べる。

ある日は永遠に口の中にいれていたいようなキャラメルヌガー。

ある日はまあまあかな、というミルクチョコ、安定の味。

ある日はトウガラシがきつくてびっくりしてほおりだしたくなって。


とある日にまた同じトオガラシのお菓子が出てくるんだけど、
自分が慣れたのか、前よりもなんだか美味しく感じちゃったり。

もう一度同じようなトオガラシのお菓子がでてくるんだけど、

なんだか癖になってきて、食べ終わる頃にはもう一度食べたいななんて思ったり。


かと思えば三日連続ジンジャーだのペッパーだのシナモンだの、
スパイス系のお菓子が多いなあと思っていたら、
四日目にそれを全部合わせた絶妙な風合いのクッキーが出てきて

ああ、ここに繋げる遊び心だったのね、と思ったり。




今日のボックスをあける。



誰かが「これ、おいしいよ」とくれたボックス。

私は時々子供すぎて、まだワサビのよさがわからなかったりするけれど。

例えば大人になってから好きになったものがあるようにいつかわかるかしら。

なるべくなら、段階を踏んで慣れさせてほしいなと思いつつ。


まだまだ未知のおいしいものに巡りあいたいから、
昨日のおいしいのもう一度くださいとあまり駄々をこねすぎないようにしよう。


世界には私のまだ知らないおいしいものがあって。
未来には想像もつかない新しいお菓子が入っているかもで。

過去に食べた愛おしいお菓子に、また会えるかも知れなくて。


たくさん食べてきたけど、まだまだ食べてみたい。


今日もボックスをあける。

posted by 深森らえる at 09:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

雑誌「女性自身」掲載のお知らせ

今週(11月17日)発売の
「女性自身」107P〜 にて 
声についてのお話をさせて頂いております♪

声は絵の具の色のようなもの。
生まれつきの素材を活かし、
いろんな出し方や工夫のバリエーションで
状況や必要に合わせてメイクのように印象は変えられます。

そんな楽しみを、いろんな人に味わっていただけるといいな♪



posted by 深森らえる at 20:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事