2018年04月25日

晴れますか

3F0AB173-7029-46B0-AC2C-546233B6D648.jpg

魔法の杖の先

この一雫を
空に放てば
晴れますとも


posted by 深森らえる at 13:30| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月13日

今年初めて

昨日から空気が初夏寄りになってきた気がします。

今日は早めに目が覚めて、
今年初めて、朝、窓を開け放しての書き物をしていました。

そう、窓をあけたままで過ごせる朝なんて……去年ぶり。

暖かくなりました。明るくなりました。
春好きのわたしとしてはもうそれだけでご機嫌度があがってしまいます…。

朝の光や風をこうしてゆったり受けながら楽しめる季節になったのだわ……。

74357326-F084-47D2-860B-339D4A97B0A0.jpg

旧暦でほぼ如月の終わり(あと三日くらい?)にあたるのかな。
この光を浴びていると、「ああ、季節が変わっているねぇ」「まさに!」「ほんにほんに!」って弥生お迎え気分が高まります。

体内時計やカレンダーが、平均的な植物寄りなのかもしれませぬ。単純。

単純って、よいわ。
天気でご機嫌、単純。シンプル。

このままあやかって
すくすくゆこうと思います♪

20B384B3-2405-4FB2-99C6-910D8D732230.jpg
956E214C-021D-4E18-9031-93D992C7BB1D.jpg

368847D6-3314-4088-9A56-5F476EC8357B.jpg
posted by 深森らえる at 06:49| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月26日

ころがる おと うまれる


「君と免疫。展」

あらためて、好きだった展示のこと。
04CB24A2-7A0D-4C93-BE0B-D91124D4AC19.jpg

木琴のような仕組みが螺旋のなかに存在することで、転がり落ちる球が音楽を奏でてゆくというもの。
それも私の背の高さくらいあるような高さからころりころりと、一つ一つの木と響きあいながら。

私は勝手に。そう、勝手に響いた心で
命の入れ物の仕組みに動き(魂)が加わる時に、音楽が奏でられるんだなあ」みたいな、そんな感覚を覚えていました。

それも見ているときは言語化されていないのだけれど。


感覚が。好きって。伝えてくる。


命の中を命が通る。その命がまた命を生み出す。あるものまるごと全部、全部別々のようでやっぱり一つの繋がる命。みたいな。そんな感覚も。

また人の手がその転がる魂を乗せる行為が、魂と外部との関わりみたいにも。

いたのはそんな長い時間ではないけれど。
なんだかとても好きな作品だったのでした。

posted by 深森らえる at 01:19| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

かたこと

あちこちに素敵なものがあって
ときめいては心奪われてばかり

でも気が多いのではなくて
全て矢印はただ一つに向かっている

私でないものたちまるごとで
形作られている

それ

毎日繰り返すようで
毎日発見があって
毎日同じ魅力も
毎日違う魅力も
なくならない

それ

世界に片想いをするばかり

98E8B1DB-FAAE-4DE5-BD65-2F8B72710A83.jpg
posted by 深森らえる at 01:00| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

印象的な、夢。


夢で、ずいぶん久しぶりかもと思いながらジーンズを履いていました。 

起きて、夢がしっかり心にのこっていて。

たしかに久しぶりのジーンズだったわあと思い返し、稽古着以外でパンツスタイルをしたのいつかしらと思い返してみたら、もう思い出せないくらい。 

今年は履くような機会がくるのかな。来るとしたらなんだろうー。 

それにしても、私の友人周りには、スカートで遊びに行ったというのに、いきなり滝の上まで散歩とか軽々と案内する人もいて。

DADF738A-07F4-4260-AE64-26BB769E78F8.jpg

このくらいの冒険はできちゃう。

2A832C2A-73DD-4F5B-9BDF-5F67F9C21261.jpg

となるとあらためての機会とか体験なるとたぶん山とか運動とかそういう縛りじゃないのかも。 



必要に迫られぬ必然性みたいな……
そういう出来事、何かな。 

ぽんやりまってみよう。 
いちねんのはるなつあきふゆのどこか。 

おもいがけない、たのし、まち。
posted by 深森らえる at 12:33| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

初カフェ

ひょんなことから金沢へ。

82F04C95-0CB8-49AB-A636-0F3C83D61869.jpg

始発に飛び乗り、雪景色の中。

初カフェ。

659D357F-B177-47EE-BC4F-3448190DE3D4.jpgFB80EB4B-D69B-4E2D-BB7A-8C681E23B585.jpg
紅白揃えておめでたく♪

席は虹の麓でした。

74991BE1-C0E9-48F8-8DB9-C09D914DF668.jpg



posted by 深森らえる at 10:44| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月01日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます
3BCAF362-5F7C-4C91-9C18-F16ED0A8A169.jpg

「去年」はギリギリまで
おせちを作っておりましたが

伊達巻がとってもうまくいったので
今年はこれにかけてゆきましょうか。
7ADB3269-E6F8-48F6-B06D-7D01D6877044.jpg
いいことたくさん繋がって
二重三重に重ねて巻いて巻いて
どんどんふっくら幸せ広がる

そんな一年でありますように♪

ちなみに伊達巻って
書の巻物にもちなみ
学問の面での上達
成就も望めるとのこと

たくさん本を読んだり
たくさん人とお喋りしたり
たくさん物事を経験したりして

2019年を迎えるころには
ぐぐっと広がった視野や
知恵や賢さを得ているといいな

鬼も笑わせちゃう一年で行こう!




posted by 深森らえる at 01:33| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

ふりかえってのクリスマス話

ふりかえってのクリスマス話

D890FE30-35CC-4689-ADE0-F6F1C6C55E49.jpg


クリスマス用の特別なケーキ。 


その時々のアイデアを 
たくさんつめこんで 
とても楽しそうだけど 
クリスマスイベント用は 
少し大きなものが主流 
いっぺんにたくさんは試せない 

いろいろ食べて見たい時 
これはちょっとだけ欲しいとか 
毎年「全部は無理だ…」という 
いろいろな葛藤もあったりしたけど 
(それも楽しいものだけど) 



でも今年はこんなものを見つけた。 

味もコンセプトも 
ホールケーキと同じで 

なのにサイズが一人用のものを 
シリーズ三種類全部 
合わせて出してくれるという…… 


その試み、しかと受け止めた! 



いろんな選択肢、いいよね。 
ホールもプチも、みな美し。 


FFB3CF7D-830D-4C31-B496-8C6AB5273B45.jpg

ちくたくちくたく
今年というまた一つの時の流れのなかで





posted by 深森らえる at 19:50| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月24日

うららかほがらか


あまいものとともに
B94972C1-45CB-46B8-A596-94F85CF175DB.jpg

ごきげんになったり
D407506B-0F13-4AE4-9697-EACF06FB2E41.jpg


冬の夜は灯りがうつくし。
3A0D5AAA-AA95-4B5A-9EB7-7153F1D4C131.jpg


気がつけばもうクリスマス直前じゃないですか……

ときおりもう思いつくままにね
時系列めちゃくちゃだけど
少しずつまたブログも書き足して
ゆこうかな



それはそれとして今日の話

今日は楽しい本の話をして
あれこれ本の話を聞いて
それはとっても楽しくて

それから心の置き所を変えたら
状態まで変わる様子を目の当たりにしたり

あとは
わたしの知らない世界の話をきいて
でもわたしの知ってる世界ともつながるところがあって
とりわけ最後は
ああこれ「網」が作れるなあって思った

知識の糸と糸を撚り合わせて
いろんなものをまた掬い上げる網
もしくはわからないまま沈むのではなく
セーフティネットになる網


繋がろう繋げよう

そんなことを思っているうちに、クリスマス。


とってもメリーでした。
おやすみなさいー。


posted by 深森らえる at 01:12| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

綺麗なものと

綺麗なものと
FCA045B8-461B-4C89-821D-CDE6544BD708.jpgC40F117A-20FE-42B9-8F8A-8014D9DB74BF.jpg


おいしいものを
4E731A06-2B79-4141-A814-58111648B39A.jpg

補充して



ゆっくりと冬のお迎え準備。

3E0382CC-B9BB-4C6C-914E-D2E727E8747C.jpg
ひりがでで使ったのとはまた別の写真なぞ

秋から冬にかけての木々の佇まいは
春夏より少し落ち着いてお話できる感じ

posted by 深森らえる at 21:13| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

日付超えちゃったけど。

さきほどたてたお茶と
ぽってりいのこちゃん

1D59BD1A-8AB1-47BB-9F93-6C275B03B3BD.jpg

おすそわけ
posted by 深森らえる at 00:08| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

おいしうつくし。

C4FCE4A7-D2CF-49EF-99F4-C2C8B0FE3239.jpg

おいしいってまず
うつくしいなって

日記を少しご無沙汰していたけれど

日々たくさんのキレイを補充しつつ
健やかに過ごしておりまするのです。

posted by 深森らえる at 11:54| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

空っぽの手。

雨音につられ、
身体のなかに浮かぶなにか。

淡い輪郭を手がかりに手を伸ばす。

雨粒でできた孔雀のイメージ。

羽根を広げると
大小様々の雨粒が
模様を描きだしている

透明な孔雀

雨の夜。雨の向こう。
目を凝らすといるような。



目を開ける。


紙の上に取り出す絵心があればいいのに。

空っぽの手。
posted by 深森らえる at 01:16| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

棘のない薔薇

40D73819-8A00-403B-A4B3-57892B018238.jpg

もう秋の薔薇の季節ですね。

そっと手を伸ばしてみると
露がほろほろと溢れおちて
その冷ややかさに
夏はもう去ってしまったのだと
あらためて感じさせられたり。

外に生えている薔薇は
茎がざらざらとしていて
棘もそこかしこに
おいそれとはさわれない


柔らかな薔薇の花束に

顔を埋められるのは、

丁寧に棘をとってくれる人が

何処かにいてくれたから


この美しいものに

心惹かれてゆくときに

どうか傷つかないようにと


差し出す前に




何気なく花を見ている人より

ずっとその人は棘に向き合ってきていて

薔薇の痛さも怖さも知っている

でもそれ以上に優しく温かいものが

薔薇そのものに存在しているから

どうかまずそのものに埋もれられるよう



棘をとり

花束をつくり

差し出すその人は

贈り物の薔薇と

差し出す先の相手を

まず両思いにしてくれる。


自分のしたことは

目立たぬ後ろに隠して。


posted by 深森らえる at 15:19| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

スズムシカフェ

スズムシカフェさんに行ってきました♪

7783FEC5-C8B1-4563-948C-3871300266A6.jpg

スズムシカフェで、
金魚のデザートをいただく、
夏の終わり。


に。


浮かれ踊ってみたり。

27B6C859-7335-42C6-B92E-2E05F73EF297.jpg

このあと線香花火もしたのですが
最後までゆかずに落ちました……

むむぅ。

夏がまだ、終われないじゃない…




posted by 深森らえる at 01:48| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月13日

なんでもなくない日

8FB8F878-A6AF-4E4A-AD17-15A6EBF9C46D.jpg



もぐもぐしていると


いつの間にかお花が咲く幸せなお皿。


そんなささやかなほっこりを見つけつつ

一日一日が紡がれるなど。



「なんでもない日、おめでとう」


そんな言葉をくれたルイスキャロルに

「なんでもない日がないよ、おめでとう!」

そんな風に笑い返してみたい。


「なんでもない日がないなんて、なんてことだ」

「なんでもない日を作れるなら作ってみましょう」

「確かにそれは難しい」

「それこそ奇跡のような日よ!」


みたいなやりとりも思い浮かべつつ。


作れるものかしら。

ほら、こんなにあれこれと。


なんでもないって不思議。

意識した途端消えちゃうの。


心がそこにあれば。

なんでもなくならない。


今日も花咲く、明日もきっと。






posted by 深森らえる at 01:32| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

紅のさしそめ

立秋ですね。  



38AC900D-E9F7-4DB6-BD56-3847ED54A970.jpg




昨日ひととき過ごした喫茶では

竜胆や吾亦紅がいけられていて。


日の長さも変わり、

花も巡り、明日は満月。


時がある世界だからこその愉しみ。



変わらぬものは心の中に

選びしまっておけばよく


変わるものたちの中から

新たな気づきを見出して

またも煌く豊かをもらい


変わらぬものはそのままに

心ひろがる嬉しさよ



昨日ひいたおみくじは

再会を告げておりました


秋とも、再会。

巡るものを受け入れる。



03847932-FCF6-4EAF-93ED-EBD085B1A60D.jpg



そういえば、こんな眺めもありました。

それこそ入り口はあちこちに。

さて、どののれんをくぐりませうか。

posted by 深森らえる at 11:27| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月31日

YesのためのNo。

大切なことを

大切にするために告げられた

その場所の大切を守るための物事。


その大切を守ることで

立ち現れてくる空気もあって。


そこの出入りは自由。

だからこそ、それぞれの判断。

入るかどうかの選択肢はそれぞれに。


そうした先で。

それを望み集う人々でできる空間。


野放図でないからこその

本当にくつろげる解放もある。


大事にするから駄目なことはある。

駄目がここを守ると知っている。

だから笑顔で受け入れられてゆく。




Noは大きなYESの前にあるもの。


Noの現れに惑わされないで。

その先のYESにうなづきますか?


Noを言ってもいい。

その先のYESを守ろう。

NoにNoと言って離れてもいい。

あなたが作りたいYESを作ろう。


貴方は何を肯定していますか。


肯定するものを支えたり

もしくは表現できていますか

時折でも、たまにはでも。






いろいろな

素敵なカフェで

時々おりにふれ

思ったことです。


決まりごとのないカフェも

決まりごとのあるカフェも

私はどちらも肯定しています。

あとはそれぞれの使い分けで。


カフェはカフェのあり方があり

そこへの関わり方を自分で決める。



と、そうした経験からまた

自分に取り込んで考えたりも。




甘いものをたくさんいただきながら。


自分の周りや場について。

重なる部分の私的領域について。

人と人とのYes、Noについて。

とりわけ心地良いNoについて。



Noを伝えることと

安心を与えることの両立。


身勝手や攻撃のNoではなく。

そこはきっと大人のNoなの。


とても優しいNoを伝えられる大人も。

その先の大きなYESを感じさせる大人も。

愛情豊かで、とても優しい。


剣で突きつけられるNoではなく

思いやりが感じられてくるNoは

Noを言わせないであげたいな、と

その先はこちらからも思いやりたくなる。


Noを言われたら

こう自然に浮かんでくるようなNo。


きっと伝えたNoは最低限だね。

貴方の喜ぶことはなんだろう。

貴方のYESは私も好きみたい。

私が手伝えることもあるかな。

貴方のYESは私にはNoだった。

なら邪魔しないよう外に出るね。



例えば、そんな感覚で。

Noの周りを心地よく巡れたらいい。


もっとNoにも、肯定と微笑みを。


posted by 深森らえる at 18:46| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

見知らぬ宇宙


雨あがりの茂みを覗き込むと
時々見知らぬ宇宙に出会えます


DC9CA8BE-78BF-4636-A499-597797388DEA.jpg

良くある、こと。
だから、忘れちゃう、こと。

ときどきこうして
のこして

思い出そう。

posted by 深森らえる at 23:24| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

グローバルティーパーティ

セイロンティー百五十周年記念。

グローバルティーパーティ。
44C49382-774A-47C0-ACA2-2E13992DB87D.jpg

世界規模でしめしあわせて 
今日の十七時(各国時間)に 
ティーパーティしましょうというもの。 

お話をいただき
ふわりお邪魔してきました。 

否、ふわりのつもりでした。 

紅茶。 
何種類も何種類も。 
ご馳走。 
ご飯も甘いものも。 

そういったことを愛する人たち 
おしゃべりしているうちに 
飲んだし食べたのに 
喉がかわいてお腹もすいて無限ループ。 

あっという間に四、五時間過ぎて。 
ふわりどころかどっぷりと…。 
ここ最近で一番長いお茶会だったかも。 

開催者のお人柄か
とても場が優しく和やかで
お茶ってその空間そのものを
丸ごとで愛でるものよねと…

気がつけば 
今日も宵っ張りさんの1日。 

月は今日も綺麗ですね。 

今頃世界のあちらこちらで、お茶会が。 
それを想うだけで、また幸福。 

posted by 深森らえる at 23:37| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事