2018年08月02日

ひとときのかぜ

もう亡くなった人が見せ続けていた習慣が、私の中で小さな花を咲かせる時があり、時折真似てみることがある。

かつてその人だった、でももう世界中に散らばり終えて他のものにも何度もなっているだろう分子のようなものが、本当にごくたまに私に触れる巡りになる時、ああ、そばにいたねえとまた思う。

夕暮れに柔らかな風がふいて、会いたいような気分になりかけるけれど、もう十分会えたのだ、十分などはありえないのだと、両方の気持ちの統合は済んでいて。ああ、あなたに会えた命でよかったです、と、いつもそんな感じで。

でも胸と眼球の下辺りで何かの塊が水分に変わろうとするので、もう一度水を散らすために深く呼吸をする。

こんなひとときで空はもう暗くなり、ああ、こんなに灯りがついていたのだと周りを見渡す。

ほんのひとときだ。
きっと、私が分子になるまでも。

胸と眼球の下辺りの塊は、苦味があるけれど、人生のとても美味なもの。

泣いてしまうあの頃の私のずっと先で、あなたはきっとそれを知っていた。

終わりが来るのに優しくするのは残酷なことなんかじゃない。終わりは必ず来るから、どんなものにも必ず来るから、当たり前の終わりを覚悟にかえて、手渡してゆく。

もう空は紺色。
さっきの感じはもう消えて。
大気もまったく他人のようだけれど。

やさしいかぜがたくさんめぐっている。

posted by 深森らえる at 19:24| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

最近の記事