2017年02月15日

優しく強く、おそろしい風に会いたい

筋力や技術的なもの。

習い事を、していた。


前に10年以上かけて登った坂道。


そこに吹く風


足を踏みしめて立っていること

それをするだけでも

日々筋力を保つことが必要な、

強い向かい風の吹く場所。


その風のあたりは柔らかい。

抵抗をやめて仕舞えば、

ふわりと優しく身体が浮く。


違和感を見逃し誤魔化して

委ねてしまえば気持ちいいくらいに。



でもはっきりと、戻されてしまう。

あの風が弱まって、自分が降ろされて。


そよ風に吹かれて、こわごわと気づく。


初めてとは違う。もう知ってる。

そこから歩き直すきつさに怖気つく。



あの向かい風があるからこそ、

手に抱いた大切を高く飛ばせる場所。


また離れてしまった。


でも歩き方は知ってる。

道だってわかってる。


筋力を取り戻せるのかわからなくても

行きたいから。


歩けば今日よりは向こうにいける。


また見たい景色があって。

できる気もするんだ。


今より、今から。



posted by 深森らえる at 12:41| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

最近の記事