2015年03月29日

他依って存在しているの

DD210B35-E767-4C6A-B4DE-3FDAE3E68080.jpg

時折  時折  時を折り


綺麗なものに依存する。

優しいものに依存する。

愛しいものに依存する。


それがあるということに

こころがうごくということに


それがなくなって

生きてゆけなくなったら

どうするのと問われたら


それがなくなったと

思うような心持ちになる時

私は既に生きていないのだと

そんな風に答えるかもしれない。


そして時折いつの間にか

生きていなくなりかける。


知らぬ間に止まっていた息に

ぷはあとあがいて心地よくなる。


気がついたことにほっとする。

また生きていてまだ生きていて。


生命活動と生きること

そのあわいにぷかりと浮かぶ生き物。


わりと簡単に生きていなくなり

臆面もなくぷくぷくと生き返る。


今日は桜に依存した。

ただただ私はたよった。


その綺麗さ

その優しさ

その愛しさ


私が生きるためだけに。

ほかのなあんのためでもなしに。


時を捧げて依存した。

他依って存在していたの。


posted by 深森らえる at 18:55| Comment(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

最近の記事