2011年01月29日

惹き 継ぎ

とある日。
ふと立ち寄った古本屋さんで。

松浦弥太郎さんの「今日もていねいに。」を見つけた。

この人の本は、何冊か読んでる。
でもこの本は、まだ読んでない。

ひょい。買いましょう。


なんとなくいいなあと思う人。
この人を最初に知ったのは、本でも文章でもなく。
最初にこの人の「生み出したもの」に触れたのは、散歩の途中でだった。


そう。
最初は、中目黒にある、小さな古本屋さんが出会い。
森茉莉の昔の装丁の本とかもあって、
なんだか古い本たちが、生き生きしてる。
つくりはモダンだし、おしゃれなのに、
時間がある不思議な感じ。本が幸せそうだった。
あと、なんだか、そこにいると、ちょっとわくわくする。
本できたプラネタリウムみたいな……空間だった。
ちょっと、コーヒーとかもいただけたりして。
中目黒の駅からは少し歩くけど、楽しくて
たとえば待ち合わせに良く使わせてもらってた。


その古本屋さんに出会ってから、しばらくしたころ。

偶然に、図書館で。
なんとなくいい感じのする本に惹かれて。
ぜんぜん知らずに松浦さんの本を読んだ。

その本。
なんか好きだなあと思って。
ほわんと読み進めていたら。
その中で。
なんとその古本屋さんを作った人だったと知って。
嬉しくなり。
勝手ににこにこして。
ぎゅうってした。



そして、また、出会い。
通りすがりに「今日もていねいに。」を発見して手に入れて。

やっておきたい作業をするために、
お目当てのカフェにとことこむかった。

ら。

「カフェでおすすめの雑誌です」って
何種類かピックアップされた棚に、「暮しの手帖」があって。

暮しの手帖は、松浦さんが編集長。

偶然。

すごくほっとする雑誌だった。
昔からのものを、ちゃんと今に生かして、先に繋げていくような。


久しぶりの出会いと、偶然の出会いと。
重なって、うれしくなった。

ちょっとだけ、読ませてもらって。
いっぱい、元気をもらって。

少し、すべきことを、「ていねいに」、してみた。


気持ちが、ほっとした。
幸せな日、だったと、想う。


過ごした時間。を。先につなげる。
みんながくれたものを。私がまた差し出しにいく。

それを生かして、「今日もていねいに。」




おはよぅ。
posted by 深森らえる at 08:20| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
帰宅したら直さなきゃ。
「暮しの手帖」が正しい表記。

…すみません…。
Posted by らえる at 2011年01月29日 09:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

最近の記事