2020年10月29日

おまじないの力の強まる日

しあわせがましまして

おまじないの力が強まる日がきました


今年もその力を使って

ぎゅぎゅっと濃縮もして

こうして繋がってくれているみんなに

いっぱいいいことがありますようにと

 ʕ•ᴥ•ʔ✩‧₊˚ ✩‧₊˚ ✩‧₊˚

おまじないをおおくりします♪



ーーーーー

なんとなく今回の漢字二文字は

(これ久しぶりにする!)


「開結」


いろいろなものが結びを迎えるのって

実は「開く」ことが先にあって

開いた時こそ結実する時なのやもとか。

結び終わって、閉じたようで

実は開くことが始まっている、みたいな。


あっこれ

文字としては

ひらいてむすんで。

ですねぇ。


そう書くうちに浮かんだのはリボン。

一つ一つにリボンを結んでいくイメージ。


開くこと。贈ってゆくこと。

閉じというのはリボンをかけること。

仕上げてまた、次のリボンもかけてゆく。


ことほぎのリボンをいろんな形で美しく

かけてゆけたら良いなあと思うのです。


引き続き

楽しい嬉しい(&程よいスパイスも?)

いろんなものを味わってゆける旅路


新しい一巡りも

ご縁のあります時は

どうぞどうぞよろしくお願いします♪


posted by 深森らえる at 07:32| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月21日

水曜日の手紙

「あなたへの手紙のように」

今日もあなたへの手紙のように、つらつらと書き連ねてみようと思います。

最近私、いくつかの珈琲を本當においしいと思って飲むようになりました。ミルクを入れてじゃないですよ、ブラックでです。

これがおいしいんだろうなぁと思ってわかりたくて飲むことと、これはおいしいと思って素直に喜びながら飲む事は全然違っていて。わかってない時期の私に「無理することはない」と周りは言ってくれていたけれど。

わかりたい時期、まだ好きとは言えない時期、それは無理していると言うよりも、きっとね、待っている時期なんです。いつ來るのかわからない、でも來るんだろうなってどこかでわかっていて、だからそこには立っていたいんです。そこから去ってしまいたくないんです。受け取れるって、なぜでしょうね、まだ知らないのに確信してるんです。

子供の頃はあんなに苦い苦いと眉間にしわを寄せていたのに、どうしてこんな風に変化したのか。

違う。

子供の頃、と思い浮かべるよりもっと子供の頃、私、苦さという新しい刺激に興味を持った時期があった。そうだった。

ロングロングタイムアゴー。その頃の私はなぜかコーヒーゼリーを好んで頼んでいたのでした。小さすぎて、飲み物にコーヒーなんてまだ出されることもなかった頃、なんのきっかけでか忘れたけれど作ってもらったコーヒーゼリーは美味しくて。欲しがるからゼリーは解禁されて。苦い。苦いけど、頼みたい。頼んでた。

それからいつのまにか食べなくなって。一時期コーヒーそのものが苦手な時期に入っていったけれど。その頃にはもうどこかにそうしたものを楽しむ種は芽吹いていたのかもしれません。むしろなんで一度眠っていたのかしらん。

まぁ大人として本物を楽しむまでには少し時間がかかってしまいましたが、今はおちゃも好きなまま、好きなものがまた一つ増えて、お果子とのあたらしい組み合わせの扉をパタパタ開いているところです。









posted by 深森らえる at 23:37| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月01日

おつきみ

EB780CA5-CC4E-4FB3-B129-BD36C741D27E.jpg

お月見へ


22C0CEF1-4338-49ED-819D-11F3F100A0E7.jpg

虫の音もまたよき。


3AC4FF18-C3CB-4A82-B0E8-51C1628AE63D.jpg
買ってきたお菓子の袋が
水晶のブレスの色と同じ色…
思わずぱしゃり。

実は着ていた着物の色とも
ほとんど一緒だったのでした。ふふ。

そんなこともあるのねぇ。


posted by 深森らえる at 20:48| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事