2019年07月23日

ルール


9C07A826-EB30-4622-8405-16E7BA0CBF22.jpg
ルールがあること


ルールが適用される空間は

自分も同じだけのことを守るかわりに
他者に同じだけのことをしてもらえたり
もしくはしないでもらえたりするのだなと

人は人を基本的に縛れない
でもルールという合意を持って
そのルールの働きが現れる空間を作り上げて

自分たちにとって心地いい場を
何でもありのこの世界
その一角に作り上げることができる

そこに関して構えなくてよくなる
そこに関して期待を満たされるのが普通になる
そのルールのある場所

あなたもわたしも幸福であるために
見知らぬ人とでも大まかに共にあれるところから
二人だけの細やかな最高の幸せを作るところまで

明文化されたもの
礼儀ののようにあるもの
学ばないとわからないようなもの
呼吸のように無意識にできるもの

いろんな形で
いろんなやり方で
それぞれにそれぞれの距離感で存在するルール

幸福のためにあると安心なものを
それぞれの働きかける範囲で決めてゆく
幸福のために役立たないものを
それぞれの希望を聞きながら削ってゆく

まずは侵害されぬこと
見つめあって立てること
それから手を伸ばせること
その先で抱擁が許されてゆくこと

最低限から最高までのグラデーション
たくさんの複雑な要素で問いかけられつつも
緩やかに形を変えながら今欲しいものを手にして

守られて守っていくから
自由になっていることに自覚的に

こんにちは
ここはどういう空間ですか?


posted by 深森らえる at 11:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

のんびりするはずが

のんびりを手にするはずが
のびを手にしてました。

節句の願掛け的に
伸びやかにいきましょう。

のーびー。

7915802B-F234-4FD4-949B-51417436AF0A.jpg
posted by 深森らえる at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月02日

そっと、かくれる。


部屋は暗めで。その中でそちこちに灯るあかり。そこでは光がずっと落ち着いているから、いつしか外の時が剥がれ落ちていき、内側の時が立ち現れる。そんな空間。


9AAA3422-CE6E-4EC8-A796-C4A1CB883C4D.jpg


外に出て。家に戻り。偶然写真に紛れ込んだ外の光に気づく。あの時守られてたんだと自覚できたのは、ささやかなミスのある写真のおかげ。

posted by 深森らえる at 23:37| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事