2019年06月28日

ふいに

B7753D74-F08B-4E2C-B541-20D28899CD09.jpg
ふいに幸運の使者が訪れた時の写真がふいに出てきて。

これはいつのことだったかしら。
どんなじきのものだったかしら。

すこしだけふりかえる。
あしあと。



posted by 深森らえる at 16:52| Comment(2) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

しぶといさん。

「現実を見てないわけじゃないのに、しぶとく希望を見続ける」にはですね、花が咲いてない場で、もう実はならないんだと諦めないのです。


ごま粒みたいな茶色の小さな子を丁寧に探し、それを手のひらにのせるのです。今そこに実になる花が咲いてなくても、一粒の種も本当にないか探してから。


その種も土に埋めたら姿まで目の前から消えるけど、それでも水をあげながら。


希望は縋るのではなくて、力を溢れさせて支えてゆく感じのもの。


そうして支えてゆくうちに、そのうち生えたり生えなかったり。花も咲いたり咲かなかったり。


それでもゼロより多いことが多いのです。希望から現実の実になるまで。


希望を見る体力がない時は、よく眠りよく食べよく笑うが先で。力溢るる状態を作る方が先。


わりと地道な「生きること」が根本だなあと思うなぞ。


しっかり生き生きて、しぶとくゆこう。

posted by 深森らえる at 17:25| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

今年も!

今年も講座を担当させていただきます♪
毎年開催されている調布FM声の魅力アップ講座

**********以下、講座情報です****************

調布FM主催スキルアップ講座 〜声の魅力アップ ボイストレーニング講座〜

 第1回 ベーシック(基礎)講座  令和元年7月26日(金)

声の魅力を引き出すトレーニングを基礎から学び、より自分の声を好きになる方法を学びます。

 第2回 アドバンス(経験者)講座 令和元年8月23日(金)

声をより丁寧に使う練習をし、効果的に気持ちを届ける表現力・伝達力を磨きます。


○場所  調布市文化会館たづくり 1103学習室(調布市小島町2−33−1

○募集  各講座先着20名程度

○受講料  第1回(ベーシック講座)2,500円  第2回(アドバンス講座)3,000円

※受講料は、当日に徴収します。

○申込期間  第1回(ベーシック講座)7月25日(木)  第2回(アドバンス講座)8月22日(木)まで

○申込方法 

メールもしくはFAXで、ご住所・氏名・連絡先・希望クラス(両方の受講も可)を明記のうえ、
調布FM「ボイストレーニング講座」係宛てにお申し込みください。リクエストフォームからもお申し込みいただけます。

E-mail mail@chofu-fm.com  FAX 042-443-8068

http://www.chofu-fm.com/82256

*********************

今年も皆様とおあいできますことを、楽しみにしておりますね♪


posted by 深森らえる at 12:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

ことほぐし。

「呪いの鏡」みたいな人がたまにいる。


その鏡に向き合う人間に対して

「お前はこれだけ価値のない存在なんだぞ」

その態度や言葉や文脈を使って

「鏡像」として映し出してくるのね。


で、その映し出された「鏡像」を見て、

自分はそういう存在なんだって

信じかかってしまう人もいるんだけど、

「その鏡呪われてるし、めっちゃゆがんでるよ!」

と声を大にして言いたい。

(というか言いたいからここで言ってる)


そんな鏡に力を奪われて、

鏡の言いなり……になると、

少しだけ鏡像がましになったりする。

ましになってホッとする。

それを求めてさらに言いなりになる……

みたいなことが起こる。


鏡の前で。うなだれ座り込んでいる人がいる。


別の鏡として

目に入るところに立って、

違うよ、といいたい。


「私の目にはあなたはこのように見えている」

それを届けたい。

美化はしないけど、

その鏡に映ってる姿ではない像もあるよと



全ての鏡は

それぞれの個性としてのゆがみをもつし、


また固定された「真実の姿」は多分ないので

(その人の「ある」は今その瞬間の姿で


炎のように瞬間ごとに変化するやもだし、

水のように気体にも個体にもなりえるから…)、

「絶対的に正しい鏡」を探す手段はない。


けれど「呪いの鏡」は確実にある。

(ちなみに、「呪いの鏡」とは別の鏡で

破滅の鏡」もあって、

それはこちらを過剰に美しく見せてきたり

歪んだ状態で「ほーらあなたは

こんなに価値のある人なんですよ」と

価値を水増しして、

やっぱりこう

よろしくない影響を与えたり、

言うこと聞かせたり、

力を奪っていくんだけど。うん。)


真実でないものはいずれにせよ

力を奪うなあと思う。


この場合の真実って

多分捕らえようがないんだけど

(少なくとも今の私の持っている方法では、

これで捕らえられると思えるようなものはない)

真実であるあたりのものに

近づいていくことは出来る気がして。

まずは力を奪ってこないものから選ぶり



つまり「その鏡見てていいの?」

というような、そんなお話。


本体はあなた。

あなたは動けて他を選びにだっていける。


万が一動けない時、選べない時は、

よすががなくて怖くても、

今はその鏡から目をひきはがして外を見て。

なるべく優しい世界を目に映して力を蓄えて


どうか悪いゆがみを信じないでいられますように。




posted by 深森らえる at 13:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事