2017年06月28日

紫陽花ケーキ

梅雨の間のみいただける
マメヒコさんの紫陽花ケーキを
いただいてきました。

9C909BD8-AA83-4664-8404-AD20E9B13B4E.jpg

ケーキに敬意を払うあまりに
お洋服までコーディネートして。

F3E9A547-E3F2-4F80-AD8F-483B19D165D8.jpg
いただく前のお姿。
紫陽花の葉っぱもまた優しく。

3FABF660-40EC-4E8C-B11D-4EBD11BB5269.jpg

バタークリームにカフェ・オ・レ。
ミルク、バター、其処に珈琲の苦味。
混然と、幸福に、溶けてゆく。


とても素敵な宵でした。

posted by 深森らえる at 23:23| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

髪は波やも

夏に備え

魔法の杖のような貝殻の簪。


ふと思いましたが

私の耳が貝ならば

髪は波やもしれませぬね。


夏が来るまで
あともう少し

昨日は夏至で
明後日は新月

暦をなんとなく意識していると
日々は同じように見えていても
めまぐるしく時は流れていて
笹舟に乗りながらゆらゆらりと

この子、船の櫂にもなるかしら。


30828A34-5D18-4018-8AA3-BD21B5431330.jpg



posted by 深森らえる at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

生きてる姿を

きちんと変わってゆくもの

あの時からずいぶん変わったねって


前も好きだったのに

今も好いている同士は

互いに変わっていて

今も同じ高さで会える

あの頃の視野の低さすら

お互いにいとおしみながら


君の昔を思い出す。

新芽の柔らかさ。茎のたおやかさ。

君のこれからを寿ぐ。

伸びゆく枝を。硬くなる幹を。



羽を休めにくる鳥の話を聞く

君がどれだけ幸せなのかを知る


君があるべき時を

あるべきように紡いですすんでいる


私もあるべき時を経て

もう葉っぱは食べなくなった

今はこの羽根で飛び

花を集めるようになった


私たちは互いに変わってこうなって


またねと手を振ろうとすると

君が呼び止める

三年くらいしたら花もつけるから

長生きしたらよいと


こっそりと思う

君が伸び止まり枝が下がる頃

私の羽根も疲れを覚えて

また低い場所でしか会えなくなる

その頃にこそ心地よくあれる

そのための丁寧こそ必要な変化


わかった

また明日かそのうちすぐ

生きてる姿を見せにくるよ

またね




posted by 深森らえる at 02:43| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

つゆどきのぽよぽよ

5C7AD92A-46AE-4DF6-B083-5EE9D8B7F91B.jpg

動物のあごを優しく撫でるような感じで
そっとそっと、そおっと紫陽花を触ると、

ふわふわふわふわ、ゆらゆららと
なかなか思いがけない動きをし、
そしてその手触りに魅了されます。

優しくそっと上に乗せる感じでも
充分ぽよぽよするので、そっとそっとで。

紫陽花、好きです。

なんかこう、あんな大きく咲くのに
あんなに茂って仲間もいるのに
なんだか心配になってしまう花です。




posted by 深森らえる at 20:34| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事