2016年09月22日

間柄のしょうがないこと。

このひとだから、いいよというのは。
実はそれぞれの関係性のなかにあって。

だれであっても、いやだというのも。
それぞれのなかにしっかり存在していて。


あまえられるのはすてきだけど
がまんをそんざいさせたいのではなく

あまえられるかんけいせいになるか
ふかをかけないきょりまではなれるか

価値観とかデリカシーとか
まずはさぐりさぐりで


個性があるから
全員同じにはいかないし


好きや苦手もあるから
努力でカバーできないこともある

火はあったかい、手をかざす、でも触れない
水は潤う、綺麗なものは飲む、でも溺れない
そよ風は気持ちいい、身をさらけ出していい
わたしにはそれがここちいいありかた。


でも、魚は、水にずっとまるごと身を浸せる。
人がそれを真似ようとしてもできないけれど。

だれかのなかの特質は、だれかにとってだけ必要で
大多数のまわりが理解できなくてもなりたつこともある。


わたしのなかの特質は 誰かにとって特別で
誰かの中の特質は わたしにとって特別で

世界が理解できなくても、
わたしにはそれが大丈夫で、
向こうが大丈夫もあるかもしれない


でもそれは奇跡のようなものだから、
ほとんどの場合は、そうじゃないよって

普段はなるべく「普通」の所から
いやなことていねいにとりのぞいて。
すきなこと少しずつ増やして。
最初は下手でも確認をしながらさぐりさぐりすすむ。


特別がたくさんだと、嬉しいような気がするね。
でも特別は特別なものだから、欲しがったからもらえるものでもなくて


特別な人にできることと
普通の人にはできないこと
それはあってしまうのだけれど
だけどそれは
特別仲がよいとか、
だから親しくないとかではなくて

あなたとわたしの距離は、常に唯一で。
あなたとわたしだから、しょうがないもので。

特別にできないからって、軽んじてるわけでもないの。


ただ特別になるには、実は子どもじゃ駄目で。
努力や技術も必要で、一番のびやかな自分に戻る必要もあって。
特別なコミットをできる関係性自体が多分特別で。
それはね、自分でも育んだ所までしかできないんだ。

そしてまた、新しい特別を、作り出すことだってできるんだ。

私の中の火は、普通を燃やしてしまうかもしれない。
でも、気球のなかにしかるべき形でおかれれば
仲間を空に連れていってあげることができるかもしれない。

そしてまた、特別なものが響きあうことだってあるんだ。

誰かの中の水は、他を息苦しくさせるかもしれない。
でも私の中の魚はそこでこそ自由に泳ぐかもしれない。
ずうっと眠って終わるかもしれなかった魚が嬉しそうに目覚める。


それは多分奇跡のようで
出会えた互いの成熟の中で恵まれることで
おとなになればなるほど、たぶん、可能性は、増えるんだ。

互いが幸せになれる、普通には転がってない、お互いだからの、特別。
posted by 深森らえる at 00:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月19日

わからないから

「こうすればよいのね」と
何かから学ぶこともあるのだけど、

「こうしなくてもよかったりしない?」と
何かを学ばせようとするものから距離を取ることも思う。

指南やお手本が溢れている。
こうしたほうがいいよ、
こうしないほうがいいよ、
メニューがたくさん用意されてる。

あれ。
でも。

そもそもメニューから
選ばなくてもよいんじゃなかった?

従う結果、逸れる結果、
どちらの果実が美味しいかなんて
選ぶ時にはわからない

従った結果、逸れた結果
本当はどちらが良かったなんて
結果が出てもわからない

なら
経過も「自分好み」を選ぶ手もありよね

わからないから
経過からの 結果に 出会う 旅


posted by 深森らえる at 02:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月18日

欲望を二つにわけるのこと

そうしたいな
なのか

そうしてほしいな
なのか



わたしがする範囲ののことは
なるべく叶えるけど

あいてがする範囲のことは
なるべく手放す方向で


相手の心はわからない

そうしてほしいなって
相手に望むこと

相手の心がついてこないと

そうさせたいなにいれかわり
相手が置き去りに


だから手放せたらよいんだけど
手放しに手放せなかったりするから

せめて 自覚的に 線を引く




そうしたいの?
そうさせたいの?

じぶんのこと?
あいてのこと?

ちゃんとわけてみる


二人のことも
少しずつ切り分けて

できるできない
わかるようになる








posted by 深森らえる at 05:23| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

菊の花びら。

9B4E9B73-B604-4ACD-A57F-426A0598BF61.jpg
昨日は重陽の節句でしたね。

旧暦合わせだと一月後だけれど。
一足お先に。日本酒、こくり。


3BA163DA-56A7-481B-9B5E-7269A12F7E17.jpg

残った分は…お菓子に使うのもありかしら。

それこそ、これから咲いてゆく菊の中で、お茶をいただくもまた楽し、ね♪


そうそう、先日にゅうすページも更新しました。
芸術の秋にふさわしい、お楽しみ♪
posted by 深森らえる at 19:23| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事