2016年07月30日

夢の中の双子

最近なんとはなしにクリームソーダのたたずまいが好きになっちゃって。たまあに、頼んじゃう。
9420A038-B6C5-440F-BCCB-CF5F23732DF7.jpg

クリームソーダの緑も好きだけど
こちらの緑も好き

A279C57D-F14E-463D-BF2D-0792114C6E88.jpg

この二枚って
ちょっと似て…ない?

なんとなはなしにの色合いとか。

あと向きが上に登る感じとか…。
泡と葉っぱがね。

細かなちらちらの散りばめられかたとか…
泡の細かさ、葉っぱの無数さ。

とか、
言葉にすると切り取られちゃうんだけど、
全体的なまるごとで似てる。

ファンタジーの映像なら
クリームソーダの中に飛び込んだら光さす森でした
そんな地続きがありえそうなそんな似かた。

夢でよくあるようなそれ。


一枚目にもう少し光をあてて、
二枚目がグラスのなかからの眺め
そんな感じで捉えたら

心とか夢の世界で
双子くらいの扱いをしてくれそうな
そんな気がするのだけれど…

伝わった、かな?
そう、見えて、こない、かな?
posted by 深森らえる at 01:46| Comment(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

ここに いってきたの


2C634299-71EF-440E-9844-72454790B06D.jpg


どこに行ったのかと問われ
ぱっと言えないことがある。

忘れたからじゃなくて、溢れてるから。

その場所の名称は知ってる
でも等価値かそれ以上で
印象に残っている思い出が
驚くほどいっぺんに広がっちゃうの。

一面に広がるそれに溺れて、
映像のなか関連付いて溢れる単語
そこから抜け出して、
問いの答えの文字を探す
また探すそのタイムラグなの。

どこに行ったのと聞かれたら
脳内の映像を見せられたらいいのに

そして


ああ、おいしいものがたくさんある場所ね
ああ、文学に絡めた世界が広がる場所ね
ああ、空気が静かに沈んでいそうな場所ね

それぞれの
あなたが受け取って
なにを受け取ったのかを

それを言葉に変換してくれたらいい

私も続けるから。

そう、そこに行ってきたのよ
posted by 深森らえる at 23:58| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月17日

はげまさない あいかた

お互いの信頼とコンディションと
もろもろが整っているそんな中で

互いに肚をくくって了承の上で

しっかりネガティヴになることを
受け止めあいどっぷり潜り浸る

そんな日を設ける。


静かに深い夜の中に佇むような時間
そういう会い方もあるのだと思う。

なによりもポイントは「はげまさない」

仲良い友達であるほど、
大事な友達であるほど
互いに力をあげてしまう。
ネガティヴにならなくて大丈夫と、
あなたは力がある人だと。
相手の魅力を…、そう、
知れば知るほど知ってるから
多分当たり前に励ませてしまう。

普段はそれをお互いに渡しあって
それはとっても優しい薬で
こてんと転んだときなんか
傷を癒したり、立ち直ったりが
一人でするより、早かったり
そして前に進んでいくんだけど



けど。

そこをこの日は、我慢する。

会話の中ではげます気持ちに互いに応えちゃって
普段より先のネガティヴに届く前に浮かんじゃうから。

話は大きなことじゃない。
大きなことじゃないほど
実は普段見えてないから。

悩みというほどのことでなく。
話題にするほどのことでなく。
相手にも関係のないことかも。

漠然としていてよくて
説明もできなくていい。

それをお互いに了承のうえで。
普段入らない隙間に光をあて。

ネガティヴそこにおるね、って。
そっと拾ってあげるところから。

ポジティブを楽しみに盛り上げあうように
ネガティヴを拾いに潜ることを助けあう。

こうして書いているうちに浮かんだのは
心の湖を掃除するようなイメージ。

それぞれの湖。

普段は眺めたり楽しく泳ぐ。
そして栄養や力を与え合う。
その源になる素敵な場所。

だけど。

生きているだけで自然に
いろんなものが目に映ったり
耳に入ったり、あれこれあって。
意識しなくても生まれるノイズのようなもの。


それが湖の普段は見えない隙間に
ことんと落ちてしまったりもする。

そうしてなんとなく湖の透明度が落ちる。
それが「ネガティヴ」なのかなーとか。


見えるところは普段ケアしてる。
でもたまに見えないところまで潜る。

はげまさない、会い方。
そういう相方でいる、時間。

沈もう。

これは
普段一人で
静かにする作業。

でもね。
たまには。
一緒に深く潜ろう。

互いの潜水能力を信じて。
浮かばせようとしないで。

一人の思考ではゆけない場所。
二人の対話で愉しみにゆこう。

posted by 深森らえる at 12:29| Comment(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

うつくしい の みつめなおし


基準として作られた美しさじゃなくて、
自分の芯から感じる美しさって何だろう……と
そんなことを考えたら。
そもそも美しさって何だろうっていうことになってしまって。

どうやって答えを探そう。
まずは「心地いいもの」からもう一度手繰るような。
そんな作業からなのかしら。


普遍でなくとも、「美しい」を知りたいな。
なんていう気持ちが出てきているのだけれど。

あれ?

そもそも。
「美しい」という言葉を知ったのはいつごろなんだろう。
「美しい」の言葉の意味をつかんだつもりになったのはどんな時?
どこからその言葉の「意味を培って」きたのだろう。

童話の「お姫様はとても美しく」とか「美しい湖がありました」とか。
まずなにかこう「目に入ったときに、とてもよい気持ちを起こさせるもの」のイメージができて。
少し大きくなって、「美しい音楽だね」とか「美しいたたずまいだわ」とか。
目に入るばかりでない、まわりが評価している流れやあり方があって。

その先で、同じ感情を起こさせるもの、同じ感覚にとらわれるものを
「美しい」と自分も思うようになって。

周りと美しいものの話をして、美しいは常に更新されつつも、だんだん固まっていって。

うつくしい。
最初の響きは五文字の音だった。
そして「うつくしい」、の、その五文字の音は、言葉。
誰かとの共有のために、その五文字でだいたいこのあたりを指して話そうよ、という記号だと知り。
漢字も覚えた頃には、それは立派な「美しさ」

わたしの「うつくしい」は、それでよかったのだっけ?
それをわたしが「うつくしい」とかんじているのだっけ?
ここでまた話はもとに戻る。
「うつくしい」ってなんだったかしら。

みんなと共有している「美しい」
わたしの心が感じる「うつくしい」
そこに当たり前のように時々ずれはある。
でもかなりの部分で重なる部分もある。
「美しい」と言われているものと、「うつくしい」と思うもの。
それは言葉を使う以上曖昧。その上言葉も私を作っていくから。
「美しいとうつくしいは、ほっておくと同じになる」

今の私が抱いている欲。
私にとって何が「うつくしい」のか、もう一度点検したい。
そしてもう少し、クリアな形で。
わたしにとって、と、言葉にとって、の差をわかりたい。

そうしたら。

まわりの言うことは分かり、そして言葉で繋がったうえで。
私の持つ「うつくしさ」で、私の中の「美しい」も更新していきたい。
そして時々、まわりにも問いかけてみたい。

「これ、うつくしいとおもうんだ」って差し出しながら。



追記
そして時々「おそろしい」や「やるせない」みたいな色のことばや
「しあわせ」とか「うれしい」みたいな、色の似たことばとかも、ね。
posted by 深森らえる at 00:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

惜しみつつ

もう少しだけ、惜しみつつ。

7305EA8F-AFAC-4D5F-A317-4DC815D45C06.jpgFA2317B8-6006-4CB2-ACAF-1252C6FB8846.jpgA6599535-F7F6-4151-B881-252DDA8B138C.jpg
posted by 深森らえる at 18:54| Comment(0) | お絵かき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

雨飾り

DF43EF4A-9B68-4DD9-B901-150AEAA63272.jpg

花が雨飾りをまとっておめかし。

雨をまとう髪飾りがあったら。
こっそり涙粒を忍ばせて身につけよう。


posted by 深森らえる at 06:06| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事