2015年10月29日

秋の束を贈る

そして、目が覚めて新しい一日。

ちょっと特別な力が宿りそうな日。
秋を束ねて幸福のおまじないをかける。

落ち葉が旅をして
どこかで土になって
また何かを育てるように。

普段会えないあなたにも
不思議ないろんな流れと力で
旅にでたおまじないが届いて
幸せなことが起きますように。

形を変えて、巡り合うものたち。
形を変えて、運び合うものたち。

思いがけない形で
想いは芽吹いて花を咲かせる。

今日の私の幸福は
誰かが贈ってくれた風。


468DE6C3-E6F9-4785-8B7F-5AB0DDA382F6.jpg
posted by 深森らえる at 12:47| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特別な日に、もし

もし今日、私に特別な力があるのなら
私はあなたにおまじないを贈ろうと思う。

一年に一度

振り返り、ありがとう。
前を向き、よろしくね。


posted by 深森らえる at 00:42| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

見守りスープ

「見守りスープ」


0837A41D-A6DB-4EF9-A85D-A8822465F1C3.jpg
ネギと玉ねぎと塩胡椒。
それだけでとても美味しい。

透明でなおかつ
シャクシャクのタイミング。

その瞬間を逃さないために
見守る手間のかかるスープ。

甘くて爽やかで
滋養がじんわり滲み出てくる

それだけの
それだけある

見守りスープ。
posted by 深森らえる at 16:14| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

余白時間。

大好きな人や物のことを考えられる時間を持つこと。
考えているうちにしたくなったことを行動にできる時間を持つこと。

誰かを、何かをずっと想った先で、機が熟して
ふとひらめいて、させてもらえたらよいなと思うこと。

その行動のための時間があるという状況は
もともとの時間の余白があってこそのものだから。

日常から、「余白」を作ることを心がけたいなと思う。


余白が余白のままで過ぎ去る時。
それは無駄にしたということではなくて。
空けておいたものが、開けていくものになる。

時間に間に合うように生きるのではなくて
時間を使えるように整えていきたいななんて。

できる時に、少しずつ、人生の余白をとること。
小さな練習から、始めよう。

あれもこれもできるかもだけど
それはちょっと横においてあげて。

それこそ、お昼の前に一服。
お茶を丁寧にいれて、飲もう。

タグ:日常 お茶
posted by 深森らえる at 12:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月17日

結城にて

B5FA61ED-E55E-4887-A5C3-53D071B25592.jpg7EAAA243-212E-465C-BD2E-5EFACFDDBB34.jpg
声優のお仕事について
お話をさせていただきました。

結城は結城紬や蔵の街。

伝統を守りつつ、先に進むとか。
技術を保っていくこと、工夫してゆくこと。

伝統的な結城紬からつながる
新しいデザインや今風の小物。
昔ながらのお酒やお菓子もありながら
また目新しい可愛い新作にときめいたり。
震災で被災して一時期街は
大変だったというお話も聞きました。
活かせるものを活かして蔵を展示したりして
中には博物館として建て替えられた蔵もあり
愛情こもっているなあと見上げてみたり。

お寺や神社のたたずまい。
また「市(いち)」を開催したりもして
街そのもので新しい流れを作っていたり。


そうした土地の風を浴び、
またいろいろ思ったりしました。


仕事だけでなく、生きることそのもの。
形は、変わる。

世界のありようが変わっていく中で
自分が大切だと思うものを繋いでいく。

もしかしたら仕事の形そのものも
これからは変わるかもしれないのだけれど
根底でどんな世界が見たくて
何を守って育てて行きたいのか
そういう芯を確かめながらゆけば
外に惑わされすぎず、
でも、周りと手をとりあって
あなたの望むありたい姿や
やりたいことの輪郭がわかるかも。


その入り口で、まず伝える。
声でどんなことができるんだろう。
仕事ってどんなものだったりするんだろう。

声だけでできてはいなくて。
実際にお話させていただいたのは
そこから広がる世界や可能性についても。

こんな素敵なものがあるよ。
こんなこともあるから頑張って。

次の素敵な人たちがまた
素敵な物を守り育ててくれるように。

声の講座をしている時や
記事でお伝えする時もだけど
一人でいるより、一人でやるより
どんどん先に進めるように…と願う。


可能性の種が
いろんな人の中に
いろんな形で眠ってるから。
その種を、つついてみたい。

自分でたくましく芽をだし
荒地でも育てる種もあるけど
時に種には光や雨や、
適度な栄養な温度が、必要で。
今日また誰かのその一つが増えるかも。

刺激一つ一つは小さなものでも
いろんな人がいろんな人に出会うなか
いつの間にか貰って整ってゆくのかもって。

そしてその人だけの経験や力がいつしか
光や雨や栄養のように蓄えられて
それぞれのいろんな方向に様々な形で
その人らしい魅力が活きる花になれば…

などと、
出会いを思い返しつつ祈りをこめつつ。



明日は東大のホームカミングデーで司会です。
素敵な森下さんのお話をたくさんの人に届けられますように。



posted by 深森らえる at 02:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月10日

うつくしタルト

5C3D48DF-5C9B-4960-9E41-2B967C083B21.jpg
美しいライムタルトとともに
美しいあり方を貰った日の話。

世界は必ずしも優しくないけれど
そうしたことも分析して
理知的に愉しんじゃえばいいよ

そしてそれを解いてゆきながら
出口への道を示しあえばいいよって
そんな風に世界と向き合える人たち。

そうした賢さを持つことで
苦味も美味しく咀嚼できるよって
そんな力を、持つ人たち。


そのあり方は甘くて少し苦い、
そして美しいライムタルトのようでした。


posted by 深森らえる at 10:47| Comment(0) | お菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事