2015年09月30日

お月様に会いに。

昨日は満月でしたね♪

お月様に会いにゆくために、
仕事終わりに一度お家に帰り
いそいそ着物に着替えてみました…!

5D6782B5-F434-49D1-8BE8-F8E7E0AE5385.jpg

ちらりと見えている帯締めは
お月様にあやかって光の色。きゅっ。

67186321-9D8B-4693-BCCE-8D3866E88A71.jpg

あやかるって、素敵な言葉。
大好きなものに敬意をこめて。

貴方のその素敵なありよう、
体現できるよう学ばせてくださいな。

今日も綺麗な、お月様。
posted by 深森らえる at 00:29| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

ぱちぱちと。

F9FBDC43-9CC1-4711-8575-C230C8C433AB.jpg

焚き火だよー。
じゃなくて、バーベキューはじまるよー。

そうなのです。
秋のバーベキューに行ってまいりました。

A8634B74-70E9-4455-9537-FBA5737DD205.jpg
われも働かねば…

C501E67B-7402-4E1A-A163-300F2DAF2419.jpg078CF81B-5077-4281-BF28-B37AFD6DFF61.jpg

皆の素晴らしい働き。

を横目に。

友達の赤ちゃんを抱っこするという大役をいただき、
ふかふかの秋の日差しの中、ぽんやりー。

それはそれで幸福な時間。
座っている周りに
いろんな人が来たり去ったり

いっぱい食べて、いっぱい喋って、
いっぱい笑って、いっぱいはしゃいで

あんまり綺麗だったから
なんだか幻みたいだなーって
こっそり思っていたりも。

なんでもない、ようで。
毎年楽しめる、ようで。

生きている間だけの、幻。
こんな時間があったことに、ありがと。






posted by 深森らえる at 00:09| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

もう一服。

つまりはおしゃべりし足りなかったのでもう一腕。

3BF4E320-A5E5-445B-A7AE-0C2E14BADA00.jpg


こちらの展示でもうひとつ印象に残ったのが、満月というお茶碗です。

砧青磁のお茶碗。縁が金でまあるく縁取られていて。金色、まんまる。そのままに満月。

けれど、金色の満月ときたら……夜でしょう?
美しく淡めかされた闇が背景になってこそ…なのに。
このお茶碗全体は春の草原のような、水辺のような優しい薄水緑色。

昼の光の光景、その縁に満月が降りてきた…と思ったら、ああ、これは夢なのかも、と。

うつつではありえない取り合わせ。
柔らかな水辺と草の中にぽっかり浮かぶ大きな満月。
そんな、夢を叶えたのかな…


などと勝手な想像をして。
勝手な好きになり方をして。

空想で遊ぶ。
その入り口となった。
茶碗。


もしも私が幼子で、そばに祖母がいて、
このお茶碗で一服いただくことになったなら
お菓子を食べながらそんなたわいもないことを、
そしてその続きの話を、あれこれかしましくお話していたことでしょう…。

8ABB386E-EC43-4244-B0C3-164F8B30E4FD.jpg

そんな空想までも、

してしまう。
してしまった。

何と無く好きになってしまった、

満月のお茶碗。


昼の金色丸月。
夢幻の現の姿。
posted by 深森らえる at 00:09| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月26日

宇宙の真ん中のお茶碗。

曜変天目茶碗を見に行きました。
2470D819-F32E-4FD0-81AB-536D4472FEF2.jpg
お茶碗自体の美しさももちろんですが
展示の仕方にとても愛があって…

このお茶碗のために区切られた区画には
壁面に茶碗に合わせて黒と濃紺の柄をあしらい、
ただそれだけに身を沈める空間を作り上げ、
そこに天井から銀の糸が螺旋状に段を作り取り巻いて、
銀河の中心にこのお茶碗が鎮座するかのよう。

この一碗から、一つの時が、世界が生まれるとも言えるような。なんとも美しい。

愛のある展示の仕方に、胸の中の花がふわりとほころびました。

学芸員の資格をとってから、
時折ふとどう展示するかということに意識が向くようになりました。
そして、素敵な展示はその工夫が前に出ないということも。
目が自然に作品に向く、心はいつの間にか向き合うにふさわしく整えられる。


こうして振り返り日記を書いていると
その時気がつかなかった素敵がまた胸を温めてくれる。

その時は、夢中にさせてくれて。
振り返るとあれこれ気づかさせてくれる。

素敵な恋のような展示でありました。

良い物語を、ありがとう。
posted by 深森らえる at 11:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

夏の名残り

4B45D534-E68F-4B83-B109-BBB36E4ECFEB.jpg夏がまだこっそりと隠れていました。

ううん。
隠れていたんじゃないね。

こちらが見落としていた、のよね。

きっと土の上の虫は
ふわりとさく朝顔を見上げて
ああ、まだ夏が見守っていてくれる…
なんて思いながら働いていたかも。

まだもう少し。
それが力になることもある。

あともう少し。
まだできることあるかもよ。


posted by 深森らえる at 00:18| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

「ここを」

「ここを」


どんなにおもってもたりないだろう

ことばがみつからない


いたみをかかえているあなたにかける

ことばはみつからない


それでも あなたを あきらめない

ことば いまは でてこなくていい


ここをあげる ここをあける


いま このとき このばしょで
あなたのそばに ただよりそう


ここをあける ここをあげる


あいややさしさがなにかも わからなくていい

そういうのすべて とりあえずおきざりにして


あなたのばしょを わたしはつくる

わたしのこころの ここはあなたのため

あけられていて あげられている

ここはあなたが じゆうにつかえばいい


ただしずかなだけ なにもない

あなたではない もののなかに

あなたのための ばしょがあります

*****************************************
Raele's Healing Garden     Poem より


posted by 深森らえる at 01:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

紫の秋。

あっという間に秋が来て
紫式部が実をつけたりもしています。
45C90FCC-3B58-4A67-B509-241C0EDE1FF7.jpg

いろみなど、あやかってみたりして。


わたしの知る人。

同じものに、美しい光をあてて
優しい言葉の輪郭を与える人がいます。

ほんとうのことはほんとは
ほんにんが気がつけばいいこと
指摘もまたやり方はたくさん
言葉で刺さなくてよいのです

美しい光、優しい言葉
そこに照らされたほんとうは
まなこに嬉しく、胸にあかるく。

だからこそで浮かび上がる陰の側。
それもまたほんとうの姿だと
その陰を見て、学ぶ人は身を正せます。
学べぬ人も、見ることを始められます。

言葉は言葉でしかなく
そこに力を与えるのは使い手。

よきちからも、あしきちからも。
なにをよし、なにをあしとするかは
またそれぞれのもつものなのだけれど。

好きなものにあやかろう。
尊敬の念を持てるものに。

あのような光をもつ
そしてそのための陰も知る
少しばかり今年は
賢さなどを望む秋のはじまり。







posted by 深森らえる at 21:04| Comment(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月05日

渓谷の美女(になりたい

すきあらばお茶時間を取る私ですが
緑の補給も大好きです。水の流れも好き。

昨晩、少し離れた土地に住む友人と
久しぶりにお喋りをする機会があり
のんびりぽんわり生きる私は
あれこれカフェのオススメや
おやすみにしたら楽しいこと
それこれを提案したりしていたら

みいらとりがみいらに。
(自分が行きたくなって)
一足早い週末を決行することにしました。

C871B744-FDA1-40CB-B840-2A63C985B45E.jpg

用事終わりの午後遅く。
出先から寄り道ルート。

行くと決めてしまったら
尻尾をふる犬のように
心が私を何度も見上げる。

楽しいね楽しいねって。

……まだ着いてもいないよ。

私は苦笑の心持ちで
落ち着かぬ心をかかえて
(おや心が二つある)
秘密の作戦を
確実に実行する密偵のように
真面目な顔で日常の道を外れた。

辿りついたは渓谷。

52C5A29E-5C76-4904-B75B-5263690454DB.jpg

誰も いない。

時々こうして「一人」。

こういう場所で
自分を洗濯、繕い直し。
すごく心地が良くて。

いろんな感覚の補充。
いろんな感覚の削ぎ落とし。


歩く。歩く。
向こうは緑。
手前も緑。
足元に水。
ひたすら流れる水。
緑がくらありとゆれる。
光が不定形の反射でそれを増幅する。
いつの間にか
空を見ようとして
緑と水と光に揺らされ
とうせんぼされていたりする。

意思ではなく
意識の言うことが
よりはっきり聞こえてくる。

どうしたいって
もっと水に近づきたいとか。
どうしたいって
ここで立ち止まりたいとか。
どうしたいって
今目の前にあるこの枝に触れたいとか。

してもよい。
人の流れもなくて。
誰に迷惑かけるでもなくて。
というそんな許しの確認さえいらなくて。

満足ゆくまで、この場を喫する。


満足する。
その先に。

新しい、馴染み。
ひょっこり。鞍替え。

あれだけ自然に
懐いておきながら

3BCB231B-DA49-4F80-A253-82D5DC4AC0FD.jpg

また、美し。
人の空間に飛び込む。

今日バッグに入ってる本は
和歌の解説本だったりして
背景や川のせせらぎの音が
さらに世界にのめりこませてくれる。

幸福。

ふと顔をあげると
冷やし汁粉があって。

安心。


和歌の言の葉から立ちのぼる
重い情念、柔らかな諦め
慕い初めの高揚に、その先の色香。

あてられかねない心に
ひやりと甘いものをあてがって
取り込まれすぎないようにする。

お茶がおいしい。
目を閉じる。
蝉もまだ。
風が。

あれ。

今ちょっと
自分がいなくなっていた。

というか随分
時間がたってしまったみたい。

差し込む光の模様が
だいぶ変わってしまってる。

ゆらり。たちあがる。

まだ心の居場所があちらの世界。
身体に戻り切って無い感じ。

今日はもうここまで。

川沿いを歩かず、
もう道の方にでよう。

コンクリの道に
戻る階段をあがってゆくと
振り返ったその向こうの緑は深くて。

ああ、向こうはいつでも準備万端なのだな。

だから私もまた遠くなく、捕まりにくる。

そんなことを思った。





posted by 深森らえる at 00:04| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事