2014年01月27日

アヒルと鴨のコインロッカー、舞台終了!

1月25日、ドラマチックリーディング、
アヒルと鴨のコインロッカー、無事終演を迎えました。

応援してくださった皆様
ご来場いただいたみなさま
本当にありがとうございました。

まずはお礼を書きたくて。

語りとして、三カ月駆け抜けましたが
一人ではできないことをたくさん学ばせていただきました。


アヒルと鴨のコインロッカーは、
いまでこそ少しネタばれをさせていただきますが
とても「理不尽」なことが起きるお話です。
なんで?なんで? って憤りたくなる。悲しくなる。
でも憤るのも、悲しくなるのも、それだけ愛しいからなんですよね。

ほんとうに。

「理不尽」のなかでどうあるのか。
負けるのか、屈するのか、やりすごすのか、それとも戦うのか
自分だけ、人も一緒、周りへの影響、もろもろの要素があって、必ずしも理想としてた形が取れないときもあります。
どれがいいとはいえません、何を求めてもそれが手に入るとも限りません。

負けても、屈しても、やりすごしても、戦っても、
大事なものがあったこと。
いとしかったものが根底にあること。
それが最後の砦や救いになってくれる…のかな。

理不尽は、怖いです。
それでも。
どうあろうとしたか。
どう思って、どう感じて、何を大事にしたか。
覚えておきたい。

理不尽は避けられなくても、
そのなかでもぎりぎりの選択肢で。
懸命に。


ありたいように、ある姿。
ありたいように、あれない姿。
弱くてできないときがあっても、Life goes on. 
続きがあるなら、自分でまたそこから。
続きがなくなっても、誰かに引き継がれていくかもしれない。

そんないろんな思いが、浮かんだ話でした。

あふれるままに書いてみました。

作品は、まず心のほうから、自分をちょっとずつ変える力をくれる。と。
そう信じています。
自分の人生だけでは経験できないことを追体験し、考えるきっかけをもらう。
考えたことを、すぐに実行できなくても、考えたところからその先の時間を始められる。

悲しいことは、愛しいものの周りでおきます。

「愛しいもの」
それがなければ感じなくてすんだかもしれないもの。
それにまつわることで悲しくても、怒りたくなっても、それでも。
愛しいものは、愛しい。

心が時に
理不尽に揺らされることになるとしても。

「愛しいもの」が増えてゆきますように。
何かに関わるたびに、そう願ってやみません。

それはきっと力のみなもと。

なんて、舞台後のテンションそのままに、書いてみました。

感謝をこめて……。

舞台、終了です。
ありがとうございました。

                 IMG_5636.JPG
posted by 深森らえる at 17:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月15日

種花。

芽を出さない種。

その種も花となれる。
そんなことを教えてくれた
最近お気に入りのブローチ。

image-20140115142759.png

イデアに思いをはせる。
イデアにたどり着くための、別アプローチ。

アプローチブローチ。
posted by 深森らえる at 14:29| Comment(0) | プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

こきゅう。

二酸化炭素の想いを
出す方法を持たなくては

それは言葉でもいいけれど
表情でもたたずまいでも
絵でも音楽でも踊りでもいい

とにかくそれは身体の中にあって

まるで自分の中から起きたように思うけれど
それはきっと世界から食べてしまったものへの反応で
吸収できる部分もあるけれど出さなければいけないものもある

自分で完結できるものではないのだ

僕らの身体は受け取るものを選んで
僕らの身体は出すものを生じさせる

そう、出すことも必要
なんでもかんでも飲みこめる必要はない

飲み込めなくていいんだよ
できなくていいんだ

だから次に
吐くすべを覚えなくては


苦しくなったら
それが合図

二酸化炭素を、深く、深く、はくように

それはとても大切で、穏やかで、気持ちのよいこと
posted by 深森らえる at 03:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月05日

一年かけて、育て上げるのこと。(できれば前倒しで誕生日目標で)

今年の抱負を考えていた時に、ふと思ったこと。

「ああなりたい」と今年願うなら、
「そうなるように一年努力する」を考える。

そうなるように一年努力できるかな。
そうなるだけの力をかけることを努め続けることが私にできるのかな。

なりたい、と、なる、の間を埋めるのは自分の努力なのですよね、と。

努力できることを、ちゃんと豊富にしてるかな。

努力と無理は違っていて。
無理は無理が来る。
無理をしたいなら、無理をする体力気力がいる。
無理をするように見えるなら、そのためにもっと整えなきゃいけないものも見えてくる。
一年でできる?かな?できないなら、どこまでならできる、かな?

できないことじゃなくて。
できるだろうことにしぼられていく。

できるだろうをできたよにするまでの、一年。

抱負はきっとね。希望。
一年間かけて、育てあげててみるよってこと。

ていねいにやってみよう。
すこやかに変わると思う。

しっかりと、前を向いて。
明日から、通常の日々へ。

お正月、ありがとう。

******************************
☆1月5日に放送開始のテレビアニメ「ノブナガザフール」
こちらの脚本を一本書かせていただきました。 http://www.nobunaga.tv/
テレビ東京系列日曜深夜1時5分から放送(初回は1時35分から)
私の担当回はもう少し先なのですが、もう数日後に第一話放送です。
オダノブナガとジャンヌダルクが時代と世界をこえて出会う物語。
メカも世界観もキャラクターも絢爛豪華な戦国絵巻、多次元プロジェクト展開のこの作品。
ぜひぜひ物語の始まりから結びまで、応援していただけるととても嬉しいです。


☆1月25日、ロウドクノチカラさんのドラマチックリーディングに出演します。
川崎ラゾーナの劇場で、一日限りの贅沢な舞台を是非♪
【アヒルと鴨のコインロッカー】http://blog.goo.ne.jp/roudokunochikara
公演日時:2014年1月25日(土)11時30分/17時
チケット:I席3500円   会場:ラゾーナ川崎プラザソル
ご予約方法:ご予約受付フォーム(http://ws.formzu.net/mfgen/S99782542/
     もしくは私に直接ご連絡ください。チケットご準備させていただきます。
こちらの作品、人がいとおしくなるようないろんなきらきらが詰まっています。
稽古場でみなさんがあれだけ魅力的ならこの先……とドキドキする状況です。
1年ぶり(年次でいえば2年ぶり)のロウドクノチカラさん出演、こちらも応援よろしくお願いいたします♪
posted by 深森らえる at 02:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事