2013年09月30日

半年に一度の新学期。そして芯月。

今日、10月になりました。気分的に。
というのも、毎朝放送されているNHKの語学講座。
10月から新学期なのです。
今週からということで、今日9月30日のスタート。
気分的には「ちょっとフライングだよ新学期」とおもいつつ。
なんどもくりかえし聴いてきた、最初の挨拶。
アーベーセーの発音練習(私が聴いているのはフランス語講座)
これから頑張っていこうね、の空気。
いいなあ。
10月は誕生月なので、10月に新しい物事が始まるのは個人的にも嬉しかったりします。

と、そうそう、誕生日と言えば、
私は月に一度、自分の誕生の「日」をふしめにしていて。
29日が誕生の日なので、ちょうど昨日はひと月の振り返りをしていたのでした。

どんどん殻をやぶりたい。でも殻を破る芯(身)は保ち続けなきゃいけない。
どこからがからなんだ?どこからがからだなんだ?
「この殻をやぶってみます!」なんてぴりっと勢いよく割いてみたら身体だったりして
あわてふためいてイタタ……とかもありますよね。
殻をやぶれば新しい風が吹くし、大きな身体で新しい世界を見られるしで楽しいけど。
不用意に傷つけた身体からは血がだらだらでて、
しかもまだ身体は殻のなかなので、血は自分の目の前でぽたぽたたまっていくし
ああもうこれはどうしたらいいんでしょうと迷って余計に殻を破ろうとするけどまた……みたいなね。
もがく時期はございます。いたたの時期もございます。
でもね、さなぎの時期には殻のなかで身は溶けていたりするわけで。
殻のなかでもがいていたり、もしくは殻と間違えて身体を破いちゃってふぎゃってなっても、
それこそ、出るための身体が、もうできてるってことのなによりの証拠。
殻と間違うくらいに、しっかりした芯(身)が整ったよということだから、おめでたく。
果敢に挑みたいなあと思ったりするわけなのでした。

あと一か月。またそんな勢いで頑張ろかな、と。
新学期でもある新しい月ー芯月に向けて、書き残し。
posted by 深森らえる at 11:47| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

さつき会ホームカミングデーでの司会をさせていただきます♪

今日の日記は10月のイベントのお知らせです♪

このたび、東京大学 ホームカミングデー 
     さつき会のイベントで 
     司会としてお手伝いさせていただくことになりました。

『家事を楽しむ科学の視点!意外なサイエンスの活かし方』
                    講師:内田麻理香
日時 2013年10月19日(土) 13:00〜14:30
場所 東京大学本郷キャンパス 赤門総合研究棟2F経済6教室
※参加費無料:どなたでも参加できます。事前申し込みは不要です。

「家事」を科学の視点でとらえ直すというお話。
それだけでも日常が数倍楽しくなってしまいそう。
タイトルからしてむくむくと、好奇心が刺激されちます。
普段でも、体験に付随して理屈がわかってくると
いつもの「なんとなく」が「なるほどね」になって
身体と心両面から、しっかり自分のものになる感じがします。
家事と科学、日常のなかにあちこち潜んでいる、発見。
もうすでに今から内田さんのお話がとても楽しみです♪

*詳細はこちらのサイトにて
http://www.satsuki-kai.net/wordpress/event/homecomingday2013/

posted by 深森らえる at 03:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

水滴

水滴が、好き。

雨上がり。

葉っぱの上に。
茎の細い細い毛に。
花びらの先に。
枝の途中に。
つぼみのてっぺんに。

植物の上で、ゆらゆらしている水滴がとりわけ好き。

今日は水滴日和だった。
posted by 深森らえる at 02:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

ひろげるひきだしかさねるひきだし。

小さなあたまで いろんなことを考えてみる。
でも、ちいさくてちいさくて整理しきれなくてあふれちゃう。

だから、自分のなかだけで理解しないようにしようと、入れ物を反転させた。

世界に必要なものは全部そろってて、そちらがひきだし。
私のひきだしは、引き出しの形をしたテーブルで、
外から必要なものだけ、その時々いれて、そこに何か作ればいい。

で、テーブルに見えて。
また空っぽになるようにみえて。

こっそり引き出しの段数、増えてたりするんだ。

そういえばこのまえずっと先に居る人に
「ちょっと頑張りすぎちゃう癖があるね」とわらってものをおしえられた。
頑張りすぎちゃうところまでしても、ぜんぜん届かない距離。

まだまだ伸びてよいのだよ、と大人になっても教えられる。
でもそれは、子供みたいにじゃなくてね。
もう、引き出しはあるんだから。
大人の伸び作業に入ろうよ。

引き出したくさんあけよう。
からっぽの引き出し。
使おう使おう、作業場として。

そして天へのはしごのように。
一つ一つひきだしを重ねていこう。

世界に比べたら、いつも材料は足りてません。
でも、材料は世界に詰まっているから、いつでも準備できてます。

そんな、感じ。
posted by 深森らえる at 02:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

もう一週間

前の日記から
もう一週間経ってしまった。
早い。

久しぶりに手紙を書いた。
メールで普段やり取りしている相手だったのだけれど。

外国は遠い。
天国はもっと遠い。

遠くへ行ってしまった人はそんなことないよっていいそうだけど。

遠いなあと思う。

posted by 深森らえる at 23:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

英文メールの、終わりに。

英文でメールを書いていた。
亡くなった人を偲ぶ内容。

最後にLove,とつけるところをLive,と書き間違えた。


oとiは隣にあるんだね。指一つ分の打ち間違い。
これまで一度もそんな間違いをしたことなくて気がつかなかった。


LoveとLiveはとても近い場所にいるんだね。



このタイミングで、この打ち間違い。



きっと、間違いじゃなくて、これであってる。
文字はなおすけど、ここを通っていきなさいって、何かが。


 Live を書きなおして、もう一度Loveに変える。


そんな感じで、九月の始まり。
posted by 深森らえる at 10:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事