2012年02月20日

ルドン

ルドン展に、行ってきたの。


不思議と言うより、不気味かもしれないような。
そんな絵だと、定義できそうなのに。
なんだか、好きになってしまう。
心地いいの。

黒。

黒い世界。
象徴主義の。
むき出しの表現。

素敵。
すっと、落ち着く。
そのことの不思議。

ルドン。
ルドンは、11歳まで、学校にも行かず。
部屋のすみにいたり、雲をみていたり。
そんな生活を送りながら。

何を受信して、そして育まれていたんだろう。

過去から解放されて。
広がる色の時代。
ずっと黒い絵ばかりだったのに。

いろが広がってからの、あの、いろのとりあわせ。

好き。

言葉にできないから「好き」の二文字。



ルドン展。お勧めです。
こころのマッサージになるような気がします。よ?
posted by 深森らえる at 23:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

おとどけもの、です。

120214_130926.jpg

はぴばれ、なのですよ?

チョコは幸せ。
その効力を存分に知っている私だからこそ。
ネットからでも逃さずお届けします!えい。


ちなみに私にチョコを与えると、幸せ度がものすごいです。
どうですか、試してみませんか?

バレンタインの日は特別すぎますかそうですか。
ではバレンタイン以外の日に受け付けまするゆえ、さあ遠慮なく♪
posted by 深森らえる at 13:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

静かに渡す銅のジョーカー

120210_162117.jpg数も絵もない
真っ白なトランプカードで
ゲームをしてる。

あの人はわかってる。
あの人はわかってない。

勝ち負けがついていく。

私は静かに
カードの裏の模様をみてる。

黙っていろ

かの人は笑う。


黙っている。
約束だから。

でも
見つめる。


ジョーカーは、それ。


トランプは真っ白。
持ち手たちは数字と絵を自分で描く。


後ろの模様は見えない。
見てない。

私は目をふせた。

かの人が
やわらかく
頷く。

また、だれかが
ゲームに加わるようだ。

あのカードは
すべて
ジョーカーだ。
posted by 深森らえる at 20:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

何かに「かられそう」な時に。

何かをする。
何かを言う。

その行動は、その発言は、
あなたが大切にするものを守ることを後押ししてくれるものだろうか?


それは世界を巡り巡る。

そして
自分で自分の身を守れるあなたにではなく
その時にあなたが守りたいものにこそ跳ね返る

自分の始末なら、自業自得なら
自分に関しては納得できるかもしれない

けれど。
それが。

愛する者に振りかかるのだとしたら。
その時のあなたに、守れるだけの力がなく。
手出しすらできないまま見ていなければならないとしたら。


posted by 深森らえる at 08:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

感謝!

001.JPG

明日は「さんぽみち」さまにて
ポエトリーリーディングライブの日です。

再度お知らせさせていただくて、日記更新♪


*************
2月4日14時より

「さんぽみち」
横浜市栄区桂町279-29
(栄公会堂内 ギャラリー&カフェスペース
       根岸線 本郷台駅より徒歩八分)

こちらのカフェスペースで
詩の朗読をさせていただきます。

******************
添付した写真はイラスト展の様子……ちらっとね♪

なんと、さんぽみちさまがポスターを作ってくださっていて……
可愛い……嬉しい……ちょっと照れちゃうけど……嬉しいです!

あした、たくさんのやわらかふわふわの幸せをみんなに届けられますように。  

                  おやすみなさい。  らえる


『Colorful Monochrome Garden』展
1月23日ー2月5日まで 

004.JPG
posted by 深森らえる at 01:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

ほんわりティー。

ほんにょり。
というよりもちょっと特別に。
ぽんにょり。
したい気分だったので。


いつもより丁寧にミルクティーを入れました。

紅茶にミルクをいれるほうじゃなくて。
お鍋でミルクから煮出すやり方のほう。

これね。
小さなコツがあるの。

あのね。
まずは、すごく少なめのお湯で、葉っぱを開かせるの。


それからはじめて、ミルクで煮出してあげると……いいみたい♪


実はミルクだけで作るのとそこまで味が違うのか、
二つを比べたわけじゃないからわからないんだけど。

でもね、この丁寧なひと手間の作業が、好きで。
紅茶やさんで教えてもらってから、ずっとこうしてます。

気持ち、おいしい気がするんだ。
じっさい、気持ち、が、優しくなるから。
それもくわわって、おいしいよ?

難しいお話をすると浸透圧とかいろいろの関係みたい。
まずは紅茶がふわりとするまではお湯がいい、らしくて。

ぱさんぱさらんとなって細胞が丸まって眠ってる紅茶を。
すくなめのお湯の中で、さあ、目を覚ましてって、そっと伸びをさせてあげて。

それから
ミルクのなかで茶葉が遊ぶ様をしっかり見守ってあげる。

ふつふつ、ふつふつ。
沸騰させず、鍋も素敵な歌を歌えるような煮込み方で。


ほんわりティー。
はいりました♪
posted by 深森らえる at 14:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

確信犯的視野


時々、確信犯的に「視野狭窄」であることを遊ぶことがあります。

一センチのものを百センチの視野で見たら、1パーセント。
一センチのものを五ミリの視野で見ることができれば……
それは200パーセントではなく、端のない大きさとしてとらえられるのではないかと。
(何せ5ミリの視野では1センチは「とらえきれない」ものなのですから!)


日常にも応用ができまする。
そう思うと、目の前のチョコレートひとかけがなんて幸せなことか。

寒い日は、小さな幸せも目いっぱい抱きしめてすごしませう。
posted by 深森らえる at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事