2011年04月18日

まよなかことこと

さっき。地震があった。
背中をつかまれて引きずられたような揺れ。

地震は子供のころから大の苦手だった。
そのうえ今は……。


私の住んでいる場所は被災地じゃない。
今のはただ、揺れただけだ。

それでも。

夜中の三時。
起きたら真っ暗で。
地震で。

泣きたい。
怖い。

心が固まりかけてしまう。

でも。
固まりたくなかった。

どうしたらいい?

心を心でほぐそうとしても
なかなか無理な時ってあるから。

今日は身体からほぐすことにした。
身体の側からアプローチしよう。

台所でごそごそ。
まよなかことことはじめ。

ことこと。

優しく何かを煮る擬音。

凍らせていたご飯を一個ほどいて。
インスタントのスープと。
サラダの残りのレタス。
卵を一個割って。

それだけの、手抜きのおじや。

鍋の中で、ことこと、ことこと。

弱い火だけど。だからこそ時間をかけて。
熱がゆっくりと命のもとに変わっていく。

IMG_0115.JPG

できた。


弱音を吐くと。
こういう時って。
空腹感はあるのに食欲はでない。

でもね。
ゆっくり、ゆっくり。
ことことを、身体におさめていく。

いきなりは拒絶しちゃいそうでも。
ちょっとずつ、ゆっくり、ゆっくり。
そうすると、だんだん。
受け入れようと身体から変化し始める。
身体が変化し始めると。
心もそれを感じとる。

まだ息は浅くて。
それでも。
おなかは少なくともいっぱいで。
きっと横になれば眠れる。

眠るのも身体からのアプローチ。
身体が眠ったと思えば、
心もきっとそれを感じて
お休みモードにはいるだろう。
自由に夢をみるかもしれない。


大丈夫をいっぱい集めよう。
ささやかな小さなかけらでも。

ね。

今日はもう少し眠りたいな。ふぅ。
おやすみなさい。
posted by 深森らえる at 05:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

桜のころに、昔、書いた話。

ぽんやりと。

http://www2.plala.or.jp/saraele/putistory/onestep.html

思いだしてみたりする。

桜は、大切を何度も何度も思い出させる。
posted by 深森らえる at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

しあわせ方向。

いつのまにか、ものをすてることが上手になりました。
上手、という表現は、このことにはあまり好きではないのですが。

大事にできるかできないか。
手元においていいのかなって。

もっと判断できるようになったのです。
手元に置くだけでは、大事にできてない。

それは、ほかにいかないという
わたしだけのまんぞくだから。

手に触れて、愛でて、
心で思い浮かべた時に
何か良い物を感じられること。

物がいてくれることでわたしが幸せかどうか。
物をわたしが持っていて物が幸せかどうか。

だから、幸せを考えた時に。
幸せにできる場所がわたしでなければ。

「てばなす」
わたしが手を放すことを覚えたのです。

このこ、が、しあわせになりますように。

時々、こういう波が来て。
ふわっとお掃除タイムが増えていきます。

いろんな子が、新しい場所で幸せになると思うと。
さみしいより、うれしいが増えていくとおもえて。

そのほうが、たぶん、よいとおもえて。
いまのわたしは、てばなし、じょうずです。
posted by 深森らえる at 11:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事