2020年01月01日

<いんふぉめーしょん>(常にトップに表示・日記は次のページから)

声と言葉にまつわるおしごとをしております 深森らえるのページです。

☆今までのお仕事をご覧になりたいかた ・ お仕事のご依頼 などは こちらへ


☆ボイスサンプル(リンク先にて音声再生できます)
  https://youtu.be/XZxmLI8ObGA


おしらせごとなど

☆Raele's Healing Garden 更新されました♪ (リンク先より番組がお楽しみ頂けます)  
http://www.jam-st.ne.jp/ch1/ch1_healing.html

☆一月五日 十四時〜
神奈川近代文学館 ホールにて
横浜シェイクスピアカンパニー「マクベス」
全編英語朗読劇 入場無料 

こちらに出演いたします。


そのほか
☆めいるの宛先
morifukafuka♪gメール.com
(お手数ですが♪を@に、メールを英語にかえてお送りください)

<以前の「おしらせ」まとめ>
http://saraele.seesaa.net/article/234001659.html

☆毎月更新 ラジオ・ヒーリングガーデン よろしくお願いいたします♪
http://www.jam-st.ne.jp/ch1/ch1_healing.html


ラベル:告知
posted by 深森らえる at 12:00| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

ひちぎりもっちり

1373337F-EC86-4999-9B78-186EC9ED0612.jpg


Il va faire beau, j’ai regardé la météo. Vous êtes disponibles? On va faire un pique-nique! 


「いい天気になるみたい、天気予報をみたの。お暇かしら?ピクニックに行きましょうよ!」


今朝習ったフランス語を組み合わせつつ。


先日はひな祭りでしたね。


ひちぎりもちには

あこやもちという別名もあるそうで

あこやは真珠貝。

珠のように大事にされますようにと

そんな想いも込められるのだそう。


春の野の愛らしい花の下

愛おしい小さなものたちを

目に映しながら

この手でどれだけ守れるものかと

少し心細くもあったやも


でもきっと大丈夫

それを思うのはあなただけでなく

この手だけで守るわけではないから


咲き誇る花のように

優しい気持ちはそちこちに

助ける手もそこここに。


あの子は、きっと、大丈夫、






posted by 深森らえる at 08:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

きさらぎさりて

気がつけば2月が終わっていました。
梅見に行かれなかったことが
(梅は見たものの)
心残り…というか


心を残していても


マーチカムズインライクアンライオン
でするね。

獅子のようにやってくるものも
子羊のように去るというけれど

人生において出会った獅子が
子羊の後ろ姿を見せる時というのは
出会った主体であるあなたが
それほどに大きく育ったからやも

ありがとう、こわがってごめんね
ありがとう、それではやさしい日々を

そんなふうに

人生の三月は何度も巡り来るから
柔らかく抱きしめて送り出せるようでありたい

近づくことも怖かったかつてのものには
春の野原で美味しい緑を食んでいることを願いつつ

三月に 窓を あける

posted by 深森らえる at 00:31| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

キャラメルる。

FCF170E0-90A5-4541-A05D-23031681A8C6.jpg

最近気に入ってしまったキャラメルです。
かわいさに味にこうなんていうか……

全体的にね?

こう、どれがこうではなくて
バランス的なものなのです。

君が君であるのは
たった一つの要素からじゃないんだよね。

うんうん!
posted by 深森らえる at 00:11| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

Celebrate

I celebrate myself, and sing myself,

And what I assume you shall assume,

For every atom belonging to me as good belongs to you.


                          Walt Whitman


ホイットマンの詩の一節。

昨日の夜から、今日の朝はこの詩を読んで起きようと決めていました。



詩はまだまだこう続いていきます。

I loafe invite my soul,

I lean and loafe at my ease observing  a spear of summer grass.

もっともっと、全部で52節分続くなぞ。




毎日、知らず綴られてゆくものを想う。


まるっと一日でどんな節になるのかしらん。

今日も三百六十五節の一節。


「美しい日でありますように」とよく願うけど、

ふと「美しい日と為し得ますように」という言の葉が浮かび、

優しい誰かのペンにそっと手を添え単語を選び始める。




posted by 深森らえる at 08:57| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

あっという間に

日々のすぎること。
今日は旧暦新年ですね。

昨日は春節にもあやかって
04843549-C9B0-420F-88B1-6D2E0F7738D4.jpg
中華のお菓子なぞ食べてみたり


42E0C296-2B03-493E-9298-C2EA07F0B3D5.jpg7339CFDD-2AF2-47C3-8766-44626F77579F.jpg

おとといはほら、追儺でしょ?
まめまめ。

昼の豆まきには間に合わなかったけど

おみくじもひいて
156C98E7-2E08-469A-A398-58D574EB7A18.jpg
遊んでわらって
A599CD4C-7E28-4175-BA75-280B4812265B.jpg
おいしいものでわらってB4A7C271-E2A4-4F22-A72D-348D2D32B7DB.jpg


さあ
旧暦新年あけました!


今年もよろしくね(2度目)
posted by 深森らえる at 13:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

ふきのとう

E3AA8FFE-3EF8-4349-BE55-6B25B6AA1261.jpg

ふきのとう  という存在が好きだ

まろい かわいい 春の緑

ふきのとう を思い浮かべるだけで
ううん  そのひびきだけで 嬉しい

春が来るよ
春が来るよ

まろく  ころころ
ふきのとう


ーーーーー
写真はふきのとうの羊羹です
立春まで待てずにあけちゃった

色  の 美し  に  私は弱くて
ぽんやりぽんやりしてしまいます
posted by 深森らえる at 13:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きりはなし

何かであるようになることは 
その何かではなくあることを失う 

価値をつけなければ対であり等しい 


切れないハサミを手にした時に 
切れない と ハサミ を分離する 

ハサミは切ることに価値があるけど 
それは切れないから価値があるんだ 

切らずにものを挟むことができる 
新しい使用法と共に生まれる価値 

posted by 深森らえる at 00:57| Comment(0) | 思考 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

機嫌がいいのが僕の仕事さ


漫画にあったセリフを
タイトルにいただきつつ。

多分去年か一昨年くらいから試しているのですが
冷え性で苦しんでいた私にとって
「冬は意識的に太る」
ほんとうにこれ、いいです。
「夏はその分痩せる」
これの行き来はバランスで。
太る痩せるどちらもいいことをしている。
「自分が心地いい状態」に敏感になること。


カイロを使っても
温かいものや薬膳とっても
あまり解消しなかったのが
一気に解消したもの……身体って偉大。
ちゃんと合わせられるようになってた。

ほんとそれにしても「ちょうどいい」は
なんか見せられていたりするものとは違う気がする。
時折メディアなどで「太る」に過剰なまでにつけられている
「ネガティブイメージ」を心から取っ払っていきたい所存。

まあ最近、いろんなメディアにおいて
今までの「細さに依拠した美の基準」が
かなりつくられた商業上のものとわかり
実際のあり方にそった美しさを考える上での
ポジティブなイメージも多方向に
あらわれはじめてはいるけれど
「ほどよい」に宿るそれぞれの「本人性」
多様な美はまだまだこれからだなって思う。


「美」って
心から湧き上がる好みや生理的なパーソナルなものと
文化や刷り込みから後天的にパブリックから学ぶものがあって
太い細いを美の基準にするのではなく本人が健やかかどうか。
その健やかさを満喫してこう華開いて楽しんでいるかどうか。
そういった部分に対してもっとフォーカスされたらいいのに。

今回は太る痩せるの二項で話しているけど
太るのが一辺倒にいいわけじゃない。
痩せるのが一辺倒にいいわけじゃない。
自分なりの美の基準ももちろんあっていい。
だって「美しい」っていう感覚は好きだし。


でもその美しいの物差し
わりとほかの人の物差しで測られたりすることもあって
「その物差し」で測ることを内面化すると
それで作られてゆく枠に
それこそ閉じ込められかねない。

以前の状態は「冬は辛い」ものだったけど
意識的にちゃんと気持ちに目を向けつつ
もしかして…ってためしたこの三年くらい
冬増やして夏戻しての変化をくぐると大変調子がいい。

と おもう。

調整してた時には気づけなかったこと。
だって自分のそれまでの普通が普通だと思っていたから。
夏に心地いいベース±1.5くらいをベストなのだと思っていたから
そこより増えるとああ調整しなきゃと思ってた。
それで「よい」の枠内にいたから。

違った。
もっとよくなるところを試してなかった!
プラスのところで安定する時期があってもいいんだ。

でもこれも、つまりは体重じゃなくて体感なのだけれどね。

というわけで、冬に会うとちょっとふっくら。
夏にあうとそれよりはしゅるりかもしれません。
それだってわからないようなものかもだけど。

今こうしている私を「いいね!」って自分も思えているうえで
その私をみて「おおいいね!」って実際思ってくれる友達が増えれば
じわじわこちら側からも今までの物差しを抜けた「楽しいねの美」が
もう一つの選択として友達の間にも仕事先でも
そうちいさな社会で立ちのぼってくるんじゃないかと思ったりしてる。


ほほに丸みがあることもチャーミングだと思えるような
ほほがシャープなことも嬉しいと思えるようなこころで。
どちらの時も「すこやかでたのし!」を抱けてるような。

そんなありかたでいたいなと思う、立春前。


機嫌のいいのが一番いいのさ

満月の時も三日月の時も
月が綺麗なのと同じこと

好みはあれど美もそれぞれに

その人がその人であることの
美しくたちのぼりますように
posted by 深森らえる at 02:19| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

もう?

もう小正月。
……もう?

と思っているうちに
1日経ってしまって

昨日アップしそびれた80327EBB-A589-4086-BA89-D79FF189ED16.jpg
小豆粥なぞ。

年神様がお帰りになり
さて見守っていただきつつ
さてさて何を始めませうねぇ。

posted by 深森らえる at 07:46| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事