2022年02月02日

<いんふぉめーしょん>(常にトップに表示・日記は次のページから)

声と言葉にまつわるおしごとをしております 深森らえるのページです。

☆今までのお仕事をご覧になりたいかた ・ お仕事のご依頼 などは こちらへ


☆ボイスサンプル(リンク先にて音声再生できます)
  https://youtu.be/XZxmLI8ObGA


おしらせごとなど

☆Raele's Healing Garden 更新されました♪ (リンク先より番組がお楽しみ頂けます)  
http://www.jam-st.ne.jp/ch1/ch1_healing.html


☆ご報告記載に加え
各種学校様・企業様などで講師活動をさせて頂いております。
     ご縁ございます時はどうぞよろしくお願いいたします。

そのほか
☆めいるの宛先
morifukafuka♪gメール.com
(お手数ですが♪を@に、メールを英語にかえてお送りください)

<以前の「おしらせ」まとめ>
http://saraele.seesaa.net/article/234001659.html

☆毎月更新 ラジオ・ヒーリングガーデン よろしくお願いいたします♪
http://www.jam-st.ne.jp/ch1/ch1_healing.html


ラベル:告知
posted by 深森らえる at 12:00| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

もちもち水無月


今年もたくさんの水無月をいただきました


縁起物とはいえ…祓いすぎかしらん。

1151AF45-057D-4044-9526-46FFACEE1854.jpg

ほろほろしたもの

EAF3AC98-D90F-4CB5-8653-FFC7B469EA6D.jpg
みっしりしたもの

728CBFC7-16AE-45D5-8632-2794D185893D.jpg
もちもちしたもの



41863405-DFF8-43C1-923E-29A7E69A2917.jpg
ちょっと珍しいもの

88FD4531-9A83-49ED-B4CA-7EFCA1B29ABC.jpg
それにまっくろさん。

もちもちもちもち…楽しかった。
水無月の幸せ、今年もありがとう。
posted by 深森らえる at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月19日

朝を待つ

夏至まであと二晩


冬ならば深夜の時間に

この季節は朝が訪れる


晴れの日も雨の日も曇りの日も

もしくはまだ知らぬ天気の日も

朝と夜が来ることは変わらない


長かったり短かったりはしても

そこは変わらずに繰り返される

少なくとも今のこの星の上では

posted by 深森らえる at 03:48| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

あなたに手紙を書くように

あなたに手紙を書くように


……の、番外編。





『今日ね、嘘をついたんです。
ものすごく最初から、人をだますつもりの嘘。

嘘をつくのは、怖いです。
嘘だねって暴かれるのは怖いです。

そんな怖さに耐えるくらいなら。

本当のことを言いたくなってしまう。
けれどどうしても嘘をつかなければ。

だから、しっかり嘘をつく力が欲しくて。
ほんの少し余分に人を愛することにしました。

結果的に自分を守ることもできてしまう。
相手を守り切れば自分を守れてしまう嘘。

あの人を大事にする気持ちに火をつけました、愛と見まごうほどに。
私を窒息させるはずの真実を、狂おしく燃える炎をもって焼き払いました。

最初は小さくても、燃え広がってしまえば。
炎と煙で、真実の方が窒息すると知りました。

私は私を守り切りました。
私自身をだましきることで。

私はあの人を愛そうとしていました。
それはぎりぎりの真実でしょうか嘘でしょうか。

そして私は全てから去りました。
答えが、永久に、ばれないように』











『ほんとうは
あの人は私を愛しているのかもと思いはじめていたんです
ほんのすこしだけ

でもはじめて
あの人は全然私を愛していないのかもと思ってしまった
それがあの日です

嘘をつくと決めた日

ほんとうなど
もう金輪際みせたくない

ほんとうの私など
愛されることなんてもうないのだから

あとはあの人に綺麗な姿を残すことばかり
そればかりを考えて嘘をつき通したのです

最後に

あの人にだけ真実を告げることで
あの人に真心をみせたふりをした

きっとあの人はわたしの嘘を誰にも話さない
そしてあの人は最後の嘘をきっと見抜けない

私があの人だけには心を開いたのだという嘘』





マーダーミステリーで遊んだ日の、お手紙を。
どんな悪い奴になってしまったのかと、少しは驚いてくれたかしら。
posted by 深森らえる at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月14日

出会うと知り合う

スペイン語で、

出会うは encontrarse
知り合うは conocer

この二つは使い方がちがっていて。

私が何かに「出会う」時、
スペイン語のencontrarseを使うと「(何かが)私に出会う」 という文法がベースにあり、
「私」は出会いの対象であるけれど、出会うことに対して主語ではない。
日本語で「私は〜に出会った」と訳していても、出会いはもたらされる感じ。

私が何かと「知り合う」時
これに関しては日本語と同じように、私が主語になる。
「私が何かを知る」という形で使われる。

出会いはもたらされるもの、私を見つけてもらうもの。
知るのは自分が意志をもってすること、私が踏み込んでいくこと。

みたいな違いがあるのかな、などと、スペイン語から思ったりした。
posted by 深森らえる at 10:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月03日

あなたに手紙を書くように。

あなたに手紙を書くように。


『今日は幸せな気持ちになれるお菓子をたべました。
白く滑らかでつやつやしたムースのドームが上にのせられ、
真っ赤で透明なラズベリーのゼリーが下にひかれていて、
そのなかにまたベリーのムースが封じ込められていて。
上にはラズベリーと薔薇の花びらが載せられています。
これは香りもきっとよいはずと顔を近づけていったら
近付くほど細やかにいろいろな情景が浮かんできて
引き寄せられていくうちにお菓子に唇が触れました。
その一瞬の感触に驚いてしまって一度すぐ離したのだけど
あまりに心地がよくて今度は自分から触れてみました。
ただ唇をつけて離すその間に近づいては遠ざかる香り。
食べるのではなくただ触れるための行為で得られるもの。
自分の部屋でしかできぬような行儀の悪いことでも
そうしたものを味わえる場所と時間が揃っていたこと
その時にただその罪を自分で引き受けるだけでよいなら
密かな幸福を楽しむことを自分には許そうと思ったのです』




posted by 深森らえる at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月25日

そのすがた

「そのすがた」

こうじゃないが
じゃあどうなのかは
まだわからないけれど

こうじゃないを
やさしくみがきおとすうちに
なにかのかたちが
みえてくるかもしれなくて

でもね

みえたとおもっても
いそがず あせらず

かたちをきめてしまわないで
ただこうじゃないのささやきを
ききのがさないようにしていく


〜〜〜〜〜

”Whispers of N O T” 

It's not.
Then what?
I don't know yet.

Gently scraping down
  N O T
No One Taught
Might be able to see

And

Though looks like it.
No rush, no hurry

Don't try to shape it.
Try not to fail to catch

Whispers of N O T.

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


posted by 深森らえる at 09:23| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月22日

すこしずつ

なんだかこう
時間が経つのが
とても早くて

あれよあれよと
よくわからない間に
もう一年も半ば

いろんなことが
変わってしまったし
きっと
戻らないものもあるけれど

ずっと続いてきた
一緒に紡いできた
そうしたものたちの
力も信じていよう

新しい、先に進むよ
posted by 深森らえる at 06:17| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

気がつけば

だいぶご無沙汰していました。

なんだか不思議。
でもそういう時期もあるよね。

ここしばらくは外国語の詩集に触れていました。

おおもとの言葉。
辞書で意味を知ることができても、
それは言葉の中に咲いた単語の花を眺めているだけで、
その茎や葉や根、根付く大地や気候やそういうものすべては
まだまだ全然つかめていない状態。

だからこそ、沢山触れる。
この単語はこういう時にでてきやすい。
意味が似ていても、この時はこっちが使われやすい。
この時ってどんな時? 
どんな文脈で、どんな気持ちで、どれが一番しっくりくる?

そういうことを知るために。
私ではないあなたの世界を知るために。

たった一つの単語が産まれるまでの。
そして育ついろいろな状況や育っている今の現状や。
どう愛でられどう受け渡されているのかを。

母国語ほどには、わからないかもしれない。
自分の事情程には、相手の文脈全てを知ることはできないけれど。

それでも、もっと仲良くなりたいから。
とりわけ、「詩」の野原に咲く花たちと。

あなたはどの文脈の水を飲むとき、どんな色を持つの。
この土地に置かれた時には、とげとげしくもなるのね。
そしてほかの花に挟まれて、美しいブーケのようにも。

また私も言葉を紡いでいこう。
私の野原には、今こんな花が咲いています。
posted by 深森らえる at 10:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月16日

一息、いれましょう。

ミルクティーにラベンダーとマロウをふわり、普段は甘くしないけど、今日はたっぷり蜂蜜もいれて。


BAB93276-CF1F-4365-BEE4-8D31FC177037.jpg



花を浮かべると少し飲みにくくもあるけど、唇で通せんぼ。普段よりゆっくり飲むことになるからより深く香りを吸い込むことができて、ちょっと落ち着く。


って、飲んでから写真をとったから、だいぶ量が少ない感じ。


もっとふわほわ、してたのよ。

posted by 深森らえる at 19:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事