2020年01月01日

<いんふぉめーしょん>(常にトップに表示・日記は次のページから)

声と言葉にまつわるおしごとをしております 深森らえるのページです。

☆今までのお仕事をご覧になりたいかた ・ お仕事のご依頼 などは こちらへ


☆ボイスサンプル(リンク先にて音声再生できます)
  https://youtu.be/XZxmLI8ObGA


おしらせごとなど

☆Raele's Healing Garden 更新されました♪ (リンク先より番組がお楽しみ頂けます)  
http://www.jam-st.ne.jp/ch1/ch1_healing.html


そのほか
☆めいるの宛先
morifukafuka♪gメール.com
(お手数ですが♪を@に、メールを英語にかえてお送りください)

<以前の「おしらせ」まとめ>
http://saraele.seesaa.net/article/234001659.html

☆毎月更新 ラジオ・ヒーリングガーデン よろしくお願いいたします♪
http://www.jam-st.ne.jp/ch1/ch1_healing.html


ラベル:告知
posted by 深森らえる at 12:00| Comment(0) | 告知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

君の季節

夏に咲くはずの子が、ここのところ急に咲き始めた。

夏の初めに、苗から鉢の中間くらいの育ち方で買ってきた子。
夏の盛りに、毎日水をかげても、「…」ととりわけの反応もなく。
蕾もつけず、そのまま夏を終え。
秋も来て、ただ緑の小さな葉をつけて。
ゆるり、ゆるり、と伸びるんだか伸びないんだか。
お店の環境と違って、うちのなにかが足りないのかな。
肥料をあげても、日を当たる位置を変えてもダメ。

それがその子の本意かは私にはわからなかったけれど
その子にできることをできる範囲でしかできないのと
その子がそうあるならそれもまたそういう流れかなと
とにかくおはよう〜と話しつつただごはんで命を繋ぐ

もはやちょっとひやりとする風が吹いてきたりもして

寒さに一度枯れる子ではあるしせめてただ最後まで
変わらず日々のことをとただ普通に過ごしていたら

どうしたのか

いきなりこの数週間、花をわさわさつけ始めて
毎日毎日鮮やかな色の花が次々に咲いて咲いて

ああ、この子の時が、今来たんだわ!

って、わあああもうなんだか可愛くってね!

この子の種族の特性として言われている咲く時期と
うちにきてこの環境に置かれてこの子であるこの子の時期のずれ
この子がこの子であっただけのことなんだけど
その自分の花盛りの時期を迎えたことがすごく嬉しくて
そのままでも好きだけど今のこれはお祝いだねっていう気持ち

今日もその子は、自分の季節をひたすらよく生きてます!(ただの親ばか)
posted by 深森らえる at 09:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

うれし

3599735C-E408-4CA4-B757-4379AEB0A6C2.jpg3BBD79FE-4B2E-4313-BDEC-B09DEE903A6D.jpg
ずうっときたいと
思っていたカフェに
こられました

うれしいな。
posted by 深森らえる at 22:47| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

もう知ってる

何という名前はつけられなくても

「ここにあるものですよ」という

その存在を感じ

なおかつ

あるということを認めるだけで

それは力を持つ。


いつか世界の中での呼び名を知るかもしれないけれど、

それは後でも大丈夫。


私でないもの、ほかでもないもの、

ここにあるからもうある、二人称の存在。



posted by 深森らえる at 01:00| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

そのときのこと

2D1D3B47-992D-49B1-BB90-0D9EF35C3C3E.jpg
画廊で出会った子

ぐっ、ともう少し力を入れたら
今見つめてるものの方へと
飛んでゆくの…かな

だけど枝は
ゆらりとゆれるだろうし
その一瞬は
下にぐらりとするかもね

枝垂れたものに
とまるのだって
難しかったでしょうに

そこにとまったときの
その時の話が聞いてみたい

魔法は経験の積み重ねの上にある

もしももしも
ゆら
ともさせずに
とまったのなら

こんどは
ゆら
ともさせずに
とびたてるのかしら

魔法のように
なしとげてみせたならば

あなたはつぎは何の魔法を覚えにゆくの
posted by 深森らえる at 18:00| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

額になる

3383B855-588B-4431-8B6C-8DE557C48AAA.jpg
マスキングテープ額装


してみたものの

A837BA70-A6D7-4C55-9BD6-DA073B2B4D2A.jpg
額になるのに飽きた鳥たち


色のビタミンがほしくて
時々紙に色を置いてみたり。
posted by 深森らえる at 07:56| Comment(0) | お絵かき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

ふとよしなしごと

B685DC3D-6EFC-4425-BFE3-9192DB98F151.jpg


別れて二度と会わぬということすら、今世で縁あって一緒につくりあげているもので。良くあるためのお別れなぞは、むしろ一番良い形で一緒であることにも思えてきたり。


その後会う会わない、意識にのぼるのぼらずに関わらず、別れたという事柄の存続を成し遂げて、その良さを育て続けているということ。

posted by 深森らえる at 12:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

つゆ、くさ

A3A6249D-B356-4D72-BB15-7DC3417AE46A.jpg

緑の中にぽたりぽたりと

この空

こぼれくる季節になりましたね


秋の空というよりは

熟した夏が重さに耐えきれず

滴り落ちてきたような


朗らかさの濃ゆい青

夏の始まりの五月の面影もある

光の思い出を内包したような


posted by 深森らえる at 09:08| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

そんな君に

君がその大切を

誰かにあげたい気持ちも

大事にしてあげたいし


でも君自身にも

大切を受け取ってほしいし


7044B9FE-6119-4C25-9BB6-D6C7BA70B779.jpg


そんな君に

どうしたらって

わたしも かんがえる

posted by 深森らえる at 11:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ほっと

陶器から伝わる温もりにほっとする季節。


A7B56E9C-C7BE-49FE-B40B-E5265C21DB18.jpg



カフェオレボウルを手で包んで、

掌から胸に心地よさが届くまでは、

目を閉じてゆっくり。



posted by 深森らえる at 09:50| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事